2006ー001(1月読了)

・書名 博士の愛した数式
・著者 小川 洋子
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 新潮文庫 291ページ 460円
・発行 単行本 2003年8月
     文庫本 2005年12月
[あらすじ]
家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。

[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
小川洋子というと男性としてはどうも距離があったが、楽天の無料ポイント500円をゲットしたのでそれで購入できるものを選んだらこの本になった。しかし読み始めるともともと理科系が好きだったこともあり、シナリオもさることながら数式や素数の話が心地よい感性を呼び起こしてくれた。元ネタは藤原正彦という数学者でこの人も目を離せない本をいくつか書いているが(父親があの新田次郎、母親が満州からの帰国を本にした藤原てい)小川洋子は彼との取材を通じてネタを仕入れたとのこと。ま、数式の話はココまでにして日常生活と無限に広がる数の世界が一分の疑問もなく完璧に融合していくこと。“恋愛”と“人を愛おしいと思い慈しむ”という事の違いをここまでわかりやすく描いてくれた小説は見たことがない。登場人物がお互いを慈しむ心を丁寧に描いていて、読後感はとても爽やか。2006年1月封切りの映画になっているが見比べてみたいものだ。

2006−002(1月読了)

・書名 きよしこ
・著者 重松 清
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 新潮文庫 291ページ 460円
・発行 単行本 2002年11月
     文庫本 2005年7月
[あらすじ]
少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友達が欲しかった。そんな友達は夢の中の世界にしかいないことを知っていたけれど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと・・・

[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
嫁さんにすすめられて読み始めたが一気に読んでしまった。僕も昔は多少吃音気味で矯正訓練も受けたが、この本は吃音のある子供きよしのお話です。最初の内は「きよしこ」という人物があらわれてきよしの気持ちの代弁者になったりきよしにヒントを与えて助けますが、徐々に決して器用とはいえないきよしがさまざまな出合いを通じて成長していきます。かっこいい少年の素敵な生き方の物語。僕が日頃つきあっている子ども達もきっとこれから経験していくことなんだろうなと思って読んでいると目頭が熱くなってきた。決して電車の中では読まないように。

2006−003(1月読了)

・書名 ぼくとひかりと園庭で
・著者 石田 衣良
・出版社 徳間書店
・読んだ本の装幀 単行本 77ページ 1,000円
・発行 2005年11月

[あらすじ]
六歳の女の子と男の子が出会う一夜の試練。恋の不思議と、避けられない世界の残酷さに、二人は…。恋の試練と、十二年後の奇跡。

[おすすめ度]
☆☆
[白鳥座のひとりごと]
前から気になっていた著者なので、図書館で見つけ手に取ってみたが、このあと読んだ「14TEEN」や「ブルータワー」とくらべてなんと雑な作りかと思った。1000円も出して買う本ではない。大人向けの童話というジャンルだろうが、大人だっていつまでも胸がきゅんとなる恋を仮想体験したり、ファンタジーの世界にひとときの癒しを求めるもの。そのどちらでもなかったのにはがっかり。

2006−004(1月読了)

・書名 凍(とう)
・著者 沢木 耕太郎
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 300ページ 1、680円
・発行 単行本 2005年9月

[あらすじ]
最強の呼び声高いクライマー・山野井夫妻が挑んだ、ヒマラヤの高峰・ギャチュンカン。雪崩による「一瞬の魔」は、美しい氷壁を死の壁に変えた。宙吊りになった妻の頭上で、生きて帰るために迫られた後戻りできない選択とは――。沢木耕太郎のノンフィクション。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
数年前の事、新聞で遭難を知り、奇跡ともいえる生還のニュースに感動したことを覚えている。その時の遭難の状況が詳しく書かれているのでよくわかるが、山に遊ばせてもらって自然に感謝している僕と違って、これほどまでに山にのめり込むのはやはり人間の不思議を感じた。一方山野井夫妻の日常の生き方がとても魅力的で勇気づけられた。

2006−005(1月読了)

・書名 4TEEN(フォーティーン)
・著者 石田 衣良
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 251ページ 1、470円
・発行 単行本 2003年5月
     文庫本 2005年12月

[あらすじ]
東京湾に浮かぶ月島。ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜ける。ナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の同級生4人組。それぞれ悩みはあるけれど、一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら空だって飛べるかもしれない―。友情、恋、性、暴力、病気、死。出会ったすべてを精一杯に受けとめて成長してゆく14歳の少年達を描いた爽快青春ストーリー。直木賞受賞作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
中学生や中学生を持つ保護者、そして中学生だった大人達に是非読んで欲しい。「切なくなるほどの恋をしたいなあ。きれいとかきたないとかじゃなく、頭がいいとか悪いとかじゃなく、Hをするとかしないとかじゃなく。その人のことを思うと、自然にあたたかい気もちになったり、心がよじれて眠れなくなる、そんな恋をしたいなあ。」という主人公の言葉に今一度胸をときめかせました。若さってうらやましいですね。子ども達の将来に幸いアレ。

2006−006(1月読了)

・書名 バッテリー
・著者 あさの あつこ
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 角川文庫 262ページ 540円
・発行 単行本 1996年12月(教育画劇)
     文庫本 2003年12月

[あらすじ]
そうだ、本気になれよ。関係ないこと全部すてて、おれの球だけを見ろよ。
中学入学を目前に控えた春休み、父の転勤で岡山の県境の街に引っ越してきた巧。ピッチャーとしての自分の才能を信じ、ストイックなまでにセルフトレーニングに励む巧の前に同級生の豪が現れ、バッテリーを組むが…。

[おすすめ度]
☆☆
[白鳥座のひとりごと]
「『これは本当に児童書なのか!?』ジャンルを越え、大人も子どもも夢中にさせたあの話題作が、ついに待望の文庫化。」と本の帯にあったが、僕的にはまったくおもしろくなかった。ある親がとてもおもしろく「4TEEN]と共に子どもに薦めた、と読了後たまたま新聞をみていたら投書があったが、どうもよくわからない。この「バッテリー」はシリーズとなっており嫁さんが次々買ってくるのだが・・・

2006−007(1月読了)

・書名 新しい里山再生法
・著者 重松 敏則
・出版社 全国林業改良普及協会
・読んだ本の装幀 林業改良普及双書 181ページ 969円
・発行 単行本 1999年3月

[内容紹介]
長く「市民による里山管理」を実践してきた著者が、その考え方、体制・組織づくりの方法や管理内容、手順について、経験を元に紹介。

[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
かって里山という田んぼと後背地である雑木林そしてそれらをとりまく循環型生産システムが日本のどこにでもあり、我々の生活の原点となっていた。高度経済成長と燃料革命、肥料革命などによりその持続可能なシステムが破壊されて長い年月が経過したが、ここにきてその重要性が見直されている。一般市民が取り組む里山再生活動のノウハウを得るべくこの本を取り上げたが、「市民参加型の提案」という副題のとおり、「組織づくりとその運営方法」が主眼となっていて、日頃考えていることがそれなりに整理されていてフンフンと納得しながら読んだ。それにしても地権者と我々よそものの協同は永遠の課題だろう。里山での活動を考えている人には一読をオススメします。

2006−008(1月読了)

・書 名 沖縄軽便鉄道は死せず
・作 者 辻 真先
・出版社 徳間書店
・読んだ本の装幀 単行本 329ページ 1、900円
・発行 2005年9月
[内容紹介]
昭和20年3月、米軍の激しい空襲に曝されていた沖縄本島。刑務所も解散となり、収監されていた北城は、生き延びるために県営の軽便鉄道でヤンバルの密林に向かった。その途中、父親が命と引き替えに守った古酒の甕を抱えた少女に遭う。軽便を駆使した、囚人と少女の凄絶な脱出行。

[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
 沖縄に鉄道があったことは知っていたが路線までは知らなかった。いつも訪れる首里や嘉手納に引かれた狭軌の小ぶりな機関車を駆っての脱出行はなかなかにスリルもあり面白い。脱出行は、途中、慰安婦、軍国少年・少女、果てはアメリカ兵まで行動を共にする。数々の障害に遭いながら目的に向かって突き進む物語は、本当かいなというほど、うまく運びすぎのところもあるが、冒険小説(漫画?)として素直に楽しめた。多少沖縄戦を戦った県民には後ろめたいこともあるが・・・

2006−009(1月読了)

・書 名 ブルータワー
・作 者 石田 衣良
・出版社 徳間書店
・読んだ本の装幀 単行本 445ページ 1、785円
・発行 2005年9月
[内容紹介]
21世紀の新宿。瀬野周司(43歳)は、高層マンションの一室で、悪性腫瘍の痛みに苦しんでいた。死の宣告は、冷静に受け止めていたはずだが、妻とのなかは冷え切っていた。ある日、激痛のなかで、意識がスリップした。そこは高さ2千メートルの塔に5層に分かれた住民が暮らす未来社会だった。22世紀中ごろに勃発した世界戦争で、人類は破滅の危機に陥っていた。
・・・周司の存在は世界の危機を救えるのか?!
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
「平凡な一人の男が、天を衝く塔を崩壊から救う。魂の冒険と愛の発見の物語。石田衣良の新たな挑戦―心ゆすぶられるヒューマン・ファンタジー」という惹句がぴったしの作品で、ハリウッド映画大型アクションものといった趣がある。特に中年男性には日頃のストレスを忘れる物語。あっという間に読破できるので是非おすすめです。

2006−010(1月読了)

・書名 現代雑木林事典
・著者 全国雑木林会議
・出版社 百水社
・読んだ本の装幀 単行本 340ページ 2,730円
・発行 単行本 2001年9月

[内容紹介]
雑木林にまつわる遊び・学校林・環境教育・木を伐る・公園のボランティア・こころと雑木林・里山ビオトープ・柴づけ漁・指標植物・森林イベント・炭焼窯・バリアフリー・ツリーハウス・鋸と鉈・バウムクーヘン・BTCV・プランナーの役割・埋薪・薪でパンを焼くetcをテーマ毎に1ページ〜3ページでまとめてある。市民ボランティアのための初の雑木林事典。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
雑木林を遊び場にしようという活動をつづけている僕にとってはうってつけの本。ネットで調べればわかることばかりだがこれだけまとまっているとやはり便利。ちょっと高すぎるので必要に応じて図書館から借りるしかないか。

2006−011(1月読了)

・書 名 夜のピクニック
・作 者 恩田 陸
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 342ページ 1、680円
・発行 2004年7月
[内容紹介]
夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。三年間わだかまった想いを清算するために―。今まで誰にも話したことのない、とある秘密。折しも、行事の直前にはアメリカへ転校したかつてのクラスメイトから、奇妙な葉書が舞い込んでいた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る―。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
2005年度本屋さんが選ぶベスト大賞に輝いた青春小説。歩いている間の20時間くらいの小説で、最初は心理描写が多くなかなか乗らなかったが、途中からどんどん吸い込まれていった。こんな高校時代をおくることが出来なかったことは後悔してもはじまらない。そのぶん残された人生をおおくの仲間と真剣に向かい合いたいものだ。青春はいつでも自分で作っていくものだから。そんな気持ちにさせてくれる大人の必読書。

2006−012(1月読了)

・書 名 下妻物語
・作 者 嶽本 野ばら
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 315ページ 1,470円
・発行 単行本 2002年10月 文庫本 2004年4月
[内容紹介]
 四方八方田んぼだらけの茨城県下妻。そんな田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女・桃子は、大好きなお洋服欲しさに始めた個人販売で、これまた時代遅れなバリバリヤンキー少女・イチコと出会う。見た目も趣味も全く違うこの二人。わかり合えるはずはないのに、やがて不思議な友情が芽生えて……。ギャグぶっちぎり! 思いっきり笑ってほんのり泣ける爆走青春ストーリー。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
読み出したらやめられません。映画にもなってこれがまたとてもおもしろいらしいのですが、とにかく読んでください。ただ電車の中では読まないように。変なおじさん(おばさん)とおもわれて席をはずされますよ。

2006−013,014(2月読了)

・書 名 半島を出よ 上、下
・作 者 村上 龍
・出版社 幻冬社
・読んだ本の装幀 単行本 上 430ページ 1,890円  下 496ページ 1,995円
・発行 2005年3月
[内容紹介]
 2011年北朝鮮特殊戦部隊の精鋭が福岡ドームを占領し、三万人の野球観戦客を人質にして、福岡を日本国から独立させようと図る。特殊戦部隊の人質作戦に手をこまねいた日本政府は、テロの拡散を恐れて福岡を封鎖する。その間に、特殊戦部隊は住基ネットと納税者番号を駆使して、悪質な資産家を逮捕し、財産を没収して、その資産をもとに福岡内部の政治・経済を牛耳ってゆく。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
フィクションだが妙に現実的な出来事を政治・経済・社会などの面から緻密に描いている。上下併せて800ページをこすが長さは感じられなかった。冒険小説というよりは日本の危機管理にたいして警鐘をならす課題提起型小説だ。小説をよんだあとのカタルシスは無いが、いろんな立場の人と議論したくなってくる。

2006−015(2月読了)

・書 名 下妻物語 完
・作 者 嶽本 野ばら
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 319ページ 1,470円
・発行 単行本 2005年7月
[内容紹介]
 2006−012で紹介した続編。桃子は、大好きなブランドBABY、THE STARS SHINE BRIGHTでモデルをやるようになっていたイチゴと、連れだって代官山へ行くようになっていたが、ある日いつものように高速バスに乗ると殺人事件に巻き込まれ、足止めを食らってしまう。殺されたのは歌舞伎町のヤクザの幹部。アリバイがないのと疑惑たっぷりの見た目で、イチゴに容疑がかけられる。桃子探偵は真犯人捜しを始めるが…。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
あいかわらずのロリータ少女とヤンキー少女の物語。殺人事件は付け足しで、二人の大人への成長が楽しく読めた。映画も含めておすすめ。ただ完結とはもったいない。続編を望みたいものだ。

2006−016(2月読了)

・書 名 第三の時効
・作 者 横山 秀夫
・出版社 集英社
・読んだ本の装幀 単行本 324ページ 1,785円
・発行 単行本 2003年2月
[内容紹介]
高い検挙率を誇り、「常勝軍団」とも呼ばれるF県警捜査第1課は、3つの班で構成されている。1班の班長は決して笑わない男・朽木。2班は冷酷非常な策略家・楠見。3班は天才的捜査カンを持つ男・村瀬。3つの班は、力を合わせるというよりはライバル意識むきだし、場合によっては足の引っ張り合いのようなことをしながら、それでもつぎつぎに難事件を解決に導いてゆ警察もの全6編から成る短編集。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
テレビでやっていた「クライマーズハイ」はまだしも、映画になった「半落ち」では評判ほどではないなと感じた作者の短編集だが、見直してしまった。どれも短編ではもったいないくらいの設定と展開だが、短編だからこその切れ味と緊張感を持っているとも言える。徹底的に犯罪を憎み、他班の後れをとることを絶対に許さない班長たちの個性と、一瞬の動きを逃さないカミソリのような頭の回転に圧倒される。しばらく目を離せなくなる作者だ。

2006−017(2月読了)

・書 名 泣かない女はいない
・作 者 長嶋 有
・出版社 河出書房新社
・読んだ本の装幀 単行本 171ページ 1,470円
・発行 単行本 2005年3月
[内容紹介]
電機メーカーの下請け運送会社に就職した主人公の出向や左遷されてきた男性とパートの女性仲間との日常をたんたんと描いている。そしてやがて居場所のない思いをしていた主人公が仕事に慣れ、一人一人、同僚の性格も掴んでいき、職場に馴染んでいく。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
「猛スピードで母は」で芥川賞を受賞した1972年生まれの若手作家による、恋愛とも言えないような恋愛小説で先が気になって仕方がないということもないのに、主人公の感情を丁寧に読んでいく内に最後まであっという間に読んでしまった。「自分がへこたれている瞬間に愛すべき人間がなんの悲しみもなく過ごしているというのは、すごく安心することなんだと思った。」という言葉や最終ページの桜の花吹雪のなかでうずくまる主人公は印象的だ。

2006−018(2月読了)

・書 名 成吉思汗の秘密
・作 者 高木 彬光
・出版社 光文社
・読んだ本の装幀 単行本 213ページ 1,890円
・発行 単行本 2005年12月(1958年10月初版の復刻本)
[内容紹介]
兄・頼朝に追われ、あっけなく非業の死を遂げた、源義経。一方、成人し、出世するまでの生い立ちは謎に満ちた大陸の英雄・成吉思汗。病床の東大助教授 神津恭介が、義経=成吉思汗という大胆な仮説を証明するべく、一人二役の大トリックに挑む、歴史推理小説の傑作。

[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
中学生の時に読み、ワクワクした思い出がある本を偶然図書館で復刻本を見つけ手に取ったもの。残念ながら当時の目から鱗のドキドキはもう出てこず、小説家ならではの牽強付会さにすこし辟易した。むしろ当時の大学教授の生活や男女関係のセピア色した記述が印象に残った。

2006−019(3月読了)

・書 名 ナラタージュ
・作 者 島本 理生
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 単行本 373ページ 1,470円
・発行 単行本 2005年2月
[内容紹介]
大学2年生の春、泉に高校の演劇部の葉山先生から電話がかかってくる。高校時代、片思いをしていた先生の電話に泉は思わずときめく。だが、用件は後輩のために卒業公演に参加してくれないか、という誘いだった。「それだけですか?」という問いにしばらく間があいた。「ひさしぶりに君とゆっくり話がしたいと思ったんだ」高校卒業時に打ち明けられた先生の過去の大きな秘密。抑えなくてはならない気持ちとわかっていながら、一年ぶりに再会し、部活の練習を重ねるうちに先生への想いが募っていく。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
いい歳したおじさんの読む本では無いかも知れないが、読み進むにつれてきめのこまかい心理描写にどんどん入り込んでしまった。「博士の愛した数式」の世界とは違う恋愛感情についての小説だが、根っこは一緒なのではないだろうか。「ナラタージュ」の世界が「博士の愛した数式」の世界につながっていくのかも知れない。「ナラタージュ」とはnarration と montage の合成語のことで、映画で、画面外の声に合わせて物語が展開していく技法で、多く回想場面に用いられるとのこと。その名の通り読了後最初に戻って読むといっそう印象が深まる作品。著者はこれを21歳の時に書いたが、やさしく思いやりのあるそして想像力のある女性だなと感じた。将来が楽しみだ。

2006−020(3月読了)

・書 名 灰色の北壁
・作 者 真保 裕一
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 240ページ 1、575円
・発行 単行本 2005年3月
[内容紹介]
  小説家の私のもとに、登山家の刈谷修がヒマラヤ山系カンチェンジュンガに挑んでいる最中、落石に遭い死亡したとの連絡が入る。刈谷は、5年前、そのヒマラヤで、北の壁が垂直に3キロ近く続くため「ホワイト・タワー」と恐れられたカスール・ベーラという山の頂きに立った。その快挙の後、山頂で撮った写真について、私はある人物から疑惑を告げられた。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
表題作ほか、山岳ミステリー3編。山岳ミステリーとうたっているとおり登山描写はそれなりに引き込まれるがなんせストーリがどんでん返しや緊迫感はあるものの退屈。3編目の「雪の慰霊碑」は、他の2編に比べて叙情的な面に片寄った感じで、少し読ませてくれたが中途半端。山岳小説というと僕はどうしても新田次郎か松本清張になってしまう。

2006−021(3月読了)

・書 名 さくら
・作 者 西 加奈子
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 380ページ 1、470円
・発行 単行本 2005年3月
[内容紹介]
  スーパースターのような存在だった兄は、ある事故に巻き込まれ、自殺した。誰もが振り向く超美形の妹は、兄の死後、内に籠もった。母も過食と飲酒に溺れた。僕も実家を離れ東京の大学に入った。あとは、見つけてきたときに尻尾に桜の花びらをつけていたことから「サクラ」となづけられた年老いた犬が一匹だけ――。そんな一家の灯火が消えてしまいそうな、ある年の暮れのこと。僕は、何かに衝き動かされるように、年末年始を一緒に過ごしたいとせがむ恋人を置き去りにして、実家に帰った。「年末、家に帰ります。おとうさん」。僕の手には、スーパーのチラシの裏の余白に微弱な筆圧で書かれた家出した父からの手紙が握られていた――。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
少し風変わりな五人と優しい一匹の犬の物語。僕の飼っていた犬はもう3年前に19歳というおおばあちゃんで逝ってしまったけれど、そのクマという犬がぼくたちにとってどれほど重要な家族だったかということをあらためて思い起こしてくれた。すばらしい表現力のある文章はわかりやすく、特に中高生を持つ親がまず読んで子どもに読ませてやって欲しい。
きっとこれを読んだ人は、恋人に会いたくなったり、お母さんに手紙を書いたり、友達の肩を叩いたり、いつもより少し優しくて、暖かい気持ちになることうけあいです。

2006−022(3月読了)

・書 名 サウスバウンド
・作 者 奥田 英朗
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 単行本 534ページ 1、785円
・発行 単行本 2005年6月
[内容紹介]
  小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、ほかの家はそうではないらしいことを知った。父はどうやら国が嫌いらしい。むかし、過激派とかいうのをやっていて、税金なんか払わない、無理して学校に行く必要などないとかよく言っている。家族でどこかの南の島に移住する計画を立てているようなのだが…。型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた、長編大傑作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
3月下旬は旅行するので本を返却せねばならず、なかば義務感で読み始めたが、なんのことはない久しぶりに一気読み!500P超の大作ながら、個性的なキャラクターとテンポの良さでグイグイ惹き込まれ、晩酌の酒が抜けるくらい深夜まで熱中した。元・過激派の父親を持つ二郎が、日常生活を通して父親の不思議な魅力に引き、惹かれるというお話。この元・過激派の父親というのが凄く良いキャラをしていて、学校は行かんでもいい!コーラは禁止だ!税金は払わん!などと滅茶苦茶な論理を吐き出す。警察は国の犬だと罵り戦うし、少しでも気に食わないことがあると徹底的に相手を叩きのめす。強引且つ豪快に。そんな父親を冷たい目で見ていた二郎も、あらゆる出来事を通して次第に父親を肯定的な目で見始める。一部は東京編。二部は西表島編。特に西表島編は昨年訪問した文字通り陸の孤島である船浮や白浜が舞台で、あのときの経験が更に興味を増した。最後に両親が向かったパイパティローマとは僕が愛してやまなかった石垣島のゲストハウスの名前で、八重山フリークにも是非読んで欲しい本だ。

2006−023(4月読了)

・書 名 天使のナイフ
・作 者 薬丸 岳
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 350ページ 1、680円
・発行 単行本 2005年8月
[内容紹介]
  生後五ヶ月の娘の目の前で惨殺された妻・祥子。夫・桧山貴志は耳を疑った。犯人は、十三歳の少年三人。四年後、犯人の少年の一人が殺され、桧山は疑惑の人となる。少年たちの事件後を追う桧山に付き付けられた、信じがたい真実、恐るべき過去――。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
今年度の江戸川乱歩賞受賞作。もともとこの賞はかって2,3読んだがつまらなく最近手に取ることはなかったが、この作品はおもしろかった。推理という面、ストーリーという面でも幾重にも練られた構成、登場人物も良く整理され、意外な展開が連続し、終盤の盛り上げもなかなか。なにより文章がしっかりしているし、少年犯罪という題材にしても単なる人権論ではなく、人間としての視点が感じられた。

2006−024(4月読了)

・書 名 スローグッドバイ
・作 者 石田 衣良
・出版社 集英社
・読んだ本の装幀 単行本 245ページ 1、575円
・発行 単行本 2002年5月
[内容紹介]
  「涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ」。恋人にひどく傷つけられ、泣けなくなった女の子。彼女に青年の心は届くのか(「泣かない」)。上手に別れるため最後にいちばんの思い出の場所へいく。そんな「さよならデート」に出かけたふたりが見つけた答え―(「スローグッドバイ」)など普通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。出会いから別れまでの一瞬一瞬をやさしく描く傑作短篇集。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
著者が最後に「1.できれば空腹時を避けて、毎晩ベッドにもちこむ。2.眠るまえにひと粒か、ふた粒ずつ、ゆっくりと服用する。3.ウィークディの5日間で読み終えたら、週末は元気にデートにでかける。」ことを想定して書いたとあった。3は無理だったが毎晩楽し時間を過ごすことができた。自分では決して味わうことのできないちょっとしたファンタジックな夢物語として面白い。

2006−025(4月読了)

・書 名 花まんま
・作 者 朱川 湊人
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 264ページ 1、650円
・発行 単行本 2005年4月
[内容紹介]
  フミ子は私の3つ下の妹。フミ子ががらりと変わったのは四歳のある晩。怖い夢を見たといって突然起き出し、吐いて3日ほど入院した。それからは万事マイペースでわがままが増えた。小1のとき京都の駅で保護されたことがあった。自宅が東大阪なので、かなりの遠方だ。その際部屋を調べるとフミ子の自由帳に”繁田喜代美” と書かれてあるのを見た。 大阪の路地裏を舞台に、失われてしまった懐かしさを描く作品集。表題作のほか、「トカビの夜」「妖精生物」「摩訶不思議」など全6篇を収める。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
短編集なので手軽に手に取ってみたがいずれも中身充実。ちょうど僕のの世代とも重なるような時代背景となっているものが多く、ゆったりとした雰囲気で心地良く読める。悲しくて、優しくて、あたたかいエピソードが子供の心に戻してくれるようでした。 気持ちがすさんだりいらいらした時にお気に入りの一編を読み返すと心が穏やかに静まるそんな本です。

2006−026(4月読了)

・書 名 光の島
・作 者 尾瀬 あきら
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 コミック 各冊 平均213ページ 530円
・発行 コミック 2001年12月
[内容紹介]
  過疎化の進行によって子供の数が激減した南の島・唄美島に住む老人は、島の小学校を維持するための員数合わせに、都会で暮らす息子夫婦の子供・光を島に呼び寄せます。 光は島の自然や暮らしに深く魅せられる一方、都会にいる両親を恋しがりながら、また大人たちのエゴをそれとなく理解しつつ成長していきます。しかし、島の様子が雑誌で紹介されたことを契機に、都会で登校拒否になった子供たちや、児童養護施設の子供たちが、唄見島を目指すことになります。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
昨年鳩間島へいったときに「この島を舞台にしたマンガがあっておもしろいよ」といわれていたのだが題名を忘れてしまい、なかなか探せなかった。06年4月に石垣島へ行ったとき、図書館で見つけ全8巻を一気に読んだ。鳩間島にいったときに宿泊した民宿でも里親として子どもを預かり学校へ通わせていたが、マンガも実話に近い内容だと感じた。自然は偉大だがやはり人間あっての子どもの成長だと思う。大人の知恵がいま問われていると強く感じる。

2006−034(4月読了)

・書 名 天国で君に逢えたら
・作 者 飯島 夏樹
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 188ページ 1、260円
・発行 単行本 2004年7月
[内容紹介]
  末期ガンで今年6月に余命半年を告げられた世界的プロウィンドサーファーが綴る、美しく切ないラブストーリー。  ガン患者の心の叫びを手紙に起こす“手紙屋”を開いた精神科医・純一。陸サーファー、放蕩を尽くした眼科医など、今日も一癖ある面々が家族や恋人への手紙の依頼に訪れる。我がままな患者達に翻弄される日々、純一に届けられた手紙には、美しく壮絶な生きざまが綴られていた。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
06年4月の石垣島キャンプは連日の雨。時間つぶしにキャンプ場においてあったこの本をとってみたが、一気に読んでしまった。いわゆる感動本ではなく、たんたんと日常が語られる中に死に直面した人たちの強さや優しさが語られる。作者はこのあと天国にいったが僕だったらどうなるか深く考えさせられた。

2006−035(4月読了)

・書 名 針の眼
・作 者 ケン・フォレット
・出版社 ハヤカワ文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 467ページ 540円
・発行 文庫本 1983年5月
[内容紹介]
  1944年春、英国内で活動をつづけるドイツ屈指のスパイ、暗号名「針」は重大機密を入手した。大戦の帰趨を左右する証拠フィルムを携えた彼は、自らヒトラーに情報を届ける決意を固め、盗んだ漁船で単身、祖国に向かう。だが、船は嵐のなかで難破。漂着した北海の孤島に暮らす夫婦が、「針」の運命を塗り替えてゆく―。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
06年4月の石垣島キャンプ中に読んだ本。10数年前に読んでいたが最後まで一気に読ませるチカラはすごい。スパイものというよりは大人の物語的要素も多く、娯楽映画を見ているようだ。読んで損はないですよ。

2006−036(5月読了)

・書 名 きいろいゾウ
・作 者 西 加奈子
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 434ページ 1,575円
・発行 文庫本 2006年3月
[内容紹介]
  夫の名は無辜歩(むこ・あゆむ)、妻の名は妻利愛子(つまり・あいこ)。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う若夫婦が、九州の片田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコは、周囲の生き物(犬、蜘蛛、百足、花、木など)の声が聞こえてしまう過剰なエネルギーに溢れた明るいツマをやさしく見守っていた。夏から始まった二人の話は、ゆっくりゆっくりとその年の冬まで進んでいき、「ある出来事」を機にムコがツマを残して東京へ向かう。それは、背中の大きな鳥に纏わるある出来事に導かれてのものだった。ひとり残されたツマは、幽霊に出会い、家のそばにある裏山のなかへと進んでいった。そこで彼女は、あるものに遭遇する。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
連休に北海道京極町に住む娘夫婦のところに行ったときに図書館で見つけて読んだ。西加奈子は「さくら」で感動した覚えがあるので期待したが空振りにおわる。やさしさの押し売りももう少し素直さが必要かな。

2006−037(5月読了)

・書 名 陰の季節
・作 者 横山 秀夫
・出版社 文春文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 247ページ 470円
・発行 文庫本 2001年10月
[内容紹介]
  警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下り先ポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべもなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた…。「まったく新しい警察小説の誕生!」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作を表題作とするD県警シリーズ第1弾。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
新聞記者出身の著者は手慣れたタッチとわくわくするストーリーで読者を引きつけ飽きさせない。クライマーズハイにもまさるとも劣らない読み応えがある。ただ読了感は重く暗いので元気を出したいときにはクライマーズハイのほうがいいだろう。

2006−038(6月読了)

・書 名 月のしずく
・作 者 浅田 次郎
・出版社 文春文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 359ページ 570円
・発行 文庫本 2000年8月
[内容紹介]
 三十年近くコンビナートの荷役をし、酒を飲むだけが楽しみ。そんな男のもとに、十五夜の晩、偶然、転がり込んだ美しい女―出会うはずのない二人が出会ったとき、今にも壊れそうに軋みながらも、癒しのドラマが始まる。表題作ほか、子供のころ、男と逃げた母親との再会を描く「ピエタ」など全七篇の短篇集。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
初っぱなの表題作はテレビでやっていたが本のほうが数段よかった。やはり浅田次郎は好きな時間に好きなペースでゆっくり読むのがあっている。浅田ワールドの標準作品としてはずれがなかった。

2006−039(6月読了)

・書 名 きみが住む星
・作 者 池澤 夏樹
・出版社 文化出版局
・読んだ本の装幀 単行本 97ページ 1,050円
・発行 単行本 1992年10月
[内容紹介]
 世界を旅してまわる男性が恋人に書き送った絵はがきの形で語られる短編集。色彩の魔術師といわれたエルンスト・ハースの写真に、作家の池澤夏樹が文を添えた。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
 「僕が帰る日を待ってていてくれ。それまでバイバイ。」というかたちでおわる手紙が多いが、とても優しい気持ちにさせてくれる。僕の枕元にいつもおいてあって、ふとした時間に一編ずつ読んでいる。もう一度青春に戻り、好きな人にプレゼントする幸せを味わってみたいものだ。

2006−040(7月読了)

・書 名 いつか浦島
・作 者 志水 辰夫
・出版社 集英社文庫
・読んだ本の装幀 単行本 262ページ 540円
・発行 単行本 1998年4月
[内容紹介]
 ささいなことですれ違ったり、追いかけると相手にフッとかわされたり、男と女は難しい―。東京から故郷能登へ戻った敏明のひと目ぼれの恋とすれ違いを描く表題作他、ミステリアスな愛の物語4編。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
どれをとっても心温まる短編集で、志水ワールドの面目躍如といったところだ。表題作もいいが、特に虹物語が印象に残った。ひょっとしたら僕も・・・

2006−041(7月読了)

・書 名 容疑者Xの献身
・作 者 東野 圭吾
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 262ページ 1,680円
・発行 単行本 2005年8月
[内容紹介]
  2006年(134回) 直木賞受賞作。愛する人を守るために犯罪者になってしまった男のせつない話です。隣に住む花岡靖子に淡い恋心を抱く高校教師・石神。ある日その花岡母子が殺人を犯してしまう。天才的な論点から完璧なアリバイを考え出し、二人を守ろうとする石神だが、大学時代の友人であるもう一人の天才・湯川の手によりそのトリックは脆くも崩されてしまう…。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
今年の直木賞ということで図書館での順番待ちが30人以上だったが、3ヶ月ぶりでようやく順番が回ってきて早速読んだ。しかし期待はずれだった。ミステリーとしても中途半端だし、ラブロマンスとしてもいまいちで興にのらないまま読了してしまった。同じ著者の「秘密」を凌駕するのものがほしい。

2006−042(8月読了)

・書 名 静かなノモンハン
・作 者 伊藤 桂一
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 234ページ 1,200円
・発行 単行本 1983年2月
[内容紹介]
  昭和十四年五月、満蒙国境で始まった小競り合いは、関東軍、ソ蒙軍間の四ヵ月に亘る凄絶な戦闘に発展した。襲いかかる大戦車群に、徒手空拳の軽装備で対し、水さえない砂また砂の戦場に斃れた死者八千余。生還した三人の体験談をもとに戦場の実状と兵士たちの生理と心理を克明に記録、抑制された描写が無告の兵士の悲しみを今に呼び返す。芸術選奨文部大臣賞、吉川英治文学賞受賞の戦争文学の傑作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
近くの図書館のリサイクル品をゲット、夜中の12時に起きて読み始め途中トイレに行く以外はずっと読み続けた。昨年の8月末から行った旧満州個人ツアーで訪問したハイラルから南方200kmにある砂と草の大地でくり広がられた戦争の実態が庶民の立場から克明に描かれている。戦争というものの本質を伝えてくれる名品だ。是非読んで欲しい。

2006−043(8月読了)

・書 名 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
・作 者 リリー・フランキー
・出版社 扶桑社
・読んだ本の装幀 単行本 449ページ 1,575円
・発行 単行本 2005年6月
[内容紹介]
  母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
 「読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。 」なんて出版社 / 著者からの内容紹介にあるけれどふーーんこんな人生もあるのか・・・という程度にしか読めなかった。でも著者の人となりが好きな人にはおすすめかな。

2006−044(9月読了)

・書 名 動機
・作 者 横山 秀夫
・出版社 文春文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 312ページ 540円
・発行 文庫本 2002年11月
[内容紹介]
  署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失した。犯人は内部か、外部か。男たちの矜持がぶつかりあう表題作(第53回日本推理作家協会賞受賞作)ほか、女子高生殺しの前科を持つ男が、匿名の殺人依頼電話に苦悩する「逆転の夏」。公判中の居眠りで失脚する裁判官を描いた「密室の人」など珠玉の四篇を収録。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
 陰の季節に続く文庫本化短編第2集。表題作の「動機」もいいが、最後の「密室の人」がおもしろい。でも「陰の季節」のひとりごとに書いたが気が滅入る話ばっかりで元気がでない。でもおもしろい。また読みたくなる。これっていったいなんだろう・・・・

2006−045(9月読了)

・書 名 四日間の奇蹟
・作 者 浅倉 卓弥
・出版社 宝島社文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 508ページ 725円
・発行 文庫本 2004年1月
[内容紹介]
  脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する不思議な出来事を、最高の筆致で描く癒しと再生のファンタジー。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
「第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏線がラストで感動へと結実する」「ここ十年の新人賞ベスト1」と絶賛された感涙のベストセラーを待望の文庫化。」なんて紹介されていたので気負って読んでみたがおおきく期待はずれ。誰もが思いつくストーリだが書き込みが浅く感動もなくスカだった。時間がもったいなかった。

2006−046(9月読了)

・書 名 ビタミンF
・作 者 重松 清
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 293ページ 1,575円
・発行 文庫本 2000年8月
[内容紹介]
  38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた……。一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。「また、がんばってみるか」、心の内で、こっそり呟きたくなる短編七編。直木賞受賞作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
手慣れた重松ワールド。よくもこんなにつぎつぎと元気の出る作品が描けるものだと感心する。きっと毎日家族を一生懸命考えているんだなと思う。それが一番のエールかも。

2006−047(10月読了)

・書 名 ファースト・プライオリティー
・作 者 山本 文緒
・出版社 幻冬社
・読んだ本の装幀 単行本 373ページ 1、680円
・発行 2002年9月
[内容紹介]
  一番大切なのは、何をする時間ですか?今、一番したいことは何ですか?絶対手放せない、私の最優先なこと。それは、人が見れば笑ってしまうようなこだわり。恋だけでも家庭だけでも、仕事だけでもない。三十一歳、初めて気づく、ゆずれないことの大きさ。そこに、本来の自分を形作るものが見えてくる。はたして人は、大事なものだけで生きられるのか?揺らぎ惑う大人たちを描く、山本文緒の世界。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
1話が10ページほどなので手軽に読める。いつもは自然と人間のかかわりだの子どもたちと環境学習だのといっているが、この小説のような世界も少しはあこがれる。いまとなっては叶わぬ夢だが、せめて小説の中だけでもあそんでみたい。

2006−048(10月読了)

・書 名 ラヴレター
・作 者 岩井 俊二
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 単行本 197ページ 1、260円
・発行 1995年3月
[内容紹介]
逝ってしまった恋人へ宛てた届くはずのないラヴレター。そこから始まる、奇妙な関係、想い出、そして恋。岩井ワールドの色彩がたちのぼる、極上の恋の物語。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
 映画『Love Letter』を見ていたので本を読みながら映画のシーンが思い出されたが、映画に負けず劣らず面白かった。読みやすい文章なので映画を見られた方は是非比べて欲しい。それにしても小樽は絵になる街だなとつくづく思いますね。小樽の風景が印象的な、映画「はるか、ノスタルジィー」もおすすめですよ。

2006−049(11月読了)

・書 名 文明の環境史観
・作 者 安田 喜憲
・出版社 中公叢書
・読んだ本の装幀 単行本 347ページ 2,100円
・発行 2004年5月
[内容紹介]
「モンスーンアジアこそが、地球文明の鍵を握っている」をテーマに大地と風土に根ざした科学的環境史を通して、旧来の西欧中心・人間中心史観からの脱却を提唱する。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
 旧石器時代から現代までの人間と自然との関わり合いを気候変動を中心とした環境史から解きほぐし、現在の日本人が果たすべき課題について説得力あるデータで示している。もともと理科系で技術屋だった白鳥座は現在思いがあって里山保全活動を行っているが、優れたロジックで活動を後押ししてくれる。地球温暖化が問題視されている現在、グローバルにそして広いタイムスパンで物事をとらえる絶好の本だ。是非一読あれ。

2006−050(12月読了)

・書 名 プラナリア
・作 者 山本 文緒
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 266ページ 1,400円
・発行 2000年10月
[内容紹介]
5つの短編が入った短編集。2000年度直木賞受賞作。自分や周囲の人々などに違和感を覚えながら、周囲にあわせることも完全に反発することもできず、不器用に生きていく男女が描かれている。
[おすすめ度]
☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
ファースト・プライオリティーがよかったので購入してみたが期待はずれ。でもホームレス状態から救った女性と彼女に惹かれてゆく居酒屋主人の話「あいあるあした」が最後に救いがあってよかったので★をおまけ。

2007−001(1月読了)

・書 名 池袋ウェストゲートパーク
・作 者 石田 衣良
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 329ページ 1,700円
・発行 1998年9月
[内容紹介]
刺す少年、消える少女、マル暴に過激ジャーナリスト、カリスマダンサー……駅西口公園、通称ウエストゲートパークを根城にする少年少女たちが、発熱する都会のストリートを軽やかに疾走する。若者たちの現在をクールに、そして鮮烈に描く大人気シリーズの第一作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
前から気になっていた本だが、年末の図書館で見つけ借りた。読み始めるととまらない。キャラクタがしっかりしていて知らない世界をビビッドに見せてくれる。そこに恋愛やサスペンス謎解きがからまってとてもおもしろい。日頃都会に出たことがない僕にとっては気になる本だ。

2007−002(1月読了)

・書 名 池袋ウェストゲートパークU 少年計数機
・作 者 石田 衣良
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 303ページ 1,700円
・発行 2000年6月
[内容紹介]
池袋の街は眠らない。そこには、あらゆる人間がうろついている。インターネット上で私生活を見せるアイドル。計数機ですべてのものを数えつづける少年。秘密の風俗業者と、みかじめ料をとる組の男たち。カリスマデザイナー。女子高生監禁事件の未成年の犯人。ホームで余生を送る老人たち。家業である池袋西一番街の果物屋を手伝いつつ、ストリートファッション誌で人気コラムを書くマコトのもとには、今日もさまざまな事件がふりかかってくる。リアルな読みごたえの短篇4篇。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
続けて読んだが更におもしろい。夜中2時頃起きて朝まで読んでしまった。先週首都高速道路を車で横断したが、この下にあの少年達がいるのかと思うと動物としての人間が悲しくなってしまう。

2007−003(1月読了)

・書 名 一千一秒の日々
・作 者 島本 理生
・出版社 マガジンハウス
・読んだ本の装幀 単行本 219ページ 1,635円
・発行 2005年6月
[内容紹介]
さな明かりの灯った夜の中で、私たちは長い会話とキスを交わしながら、何度夜を明かしただろう。ふたりだけの愛おしい日々が溶けていく―生真面目で不器用な恋人たちを清新なイメージで描いた七色の連作短篇集。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
ナラタージュで感動したので再び島本理生の作品を読んでみたが短編集の悲しさか、恋愛ごっこの連作という気がした。それはそれでいいのだがせっかくの才能をじっくり読ませて欲しい。

2007−004(1月読了)

・書 名 優しい音楽
・作 者 瀬尾 まいこ
・出版社 双葉社
・読んだ本の装幀 単行本 194ページ 1,260円
・発行 2005年4月
[内容紹介]
受けとめきれない現実。止まってしまった時間―。だけど少しだけ、がんばればいい。きっとまた、スタートできる。家族、恋人たちの温かなつながりが心にまっすぐ届いて、じんとしみわたる。軽やかな希望に満ちた3編を収録。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
石田衣良に続けて読んだのがいけなかったのか、普通ならほっとする内容だが、なまぬるくて最後まで読むのが大変だった。もう少したってから再読しよう。せっかくの人気作家なのだから。

2007−005(2月読了)

・書 名 池袋ウェストゲートパークW 電子の星
・作 者 石田 衣良
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 268ページ 1,600円
・発行 2003年11月
[内容紹介]
失踪した親友の行方を追って、山形からマコトを訪ねてきた引きこもりのテル。“人体損壊ショー”のアングラDVDと秘密クラブの関係は? マコトが身体を張る表題作「電子の星」ほか、ビルマから来た14歳の男娼をめぐる「黒いフードの夜」、通り魔にギャングの息子を殺されたタクシー運転手に告げられた悲惨な真実……「ワルツ・フォー・ベビー」、Gボーイズから足を洗ってラーメン屋を始めた双子ツインタワーが活躍する「東口ラーメンライン」の全4篇。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
池袋ウェストゲートパークの第4弾。しかし最後の表題作「電子の星」は最悪。そのほかのもそろそろ僕にとってはおなかいっぱいでもうこれまでの感じ。好きな人は好きだろうけれど、ま、お好みに応じてどうぞ。

2007−006(2月読了)

・書 名 イネの一生
・作 者 守矢 登
・出版社 あかね書房
・読んだ本の装幀 単行本 54ページ 1、000円
・発行 1980年12月
[内容紹介]
日頃おいしくいただいているお米がどのように作られるかを小学生向けに詳しく説明している。あかね書房が発刊していた科学のアルバムシリーズ全60巻の一つ。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
子どもが小学生の時に嫁さんが奮発して買いそろえたなかの一冊。我が子ども達にとってはどうだったかわからないが、僕が米作りをやるようになって4年。そしてそれを子ども達におこめの不思議、大事さを伝えるときにとても役に立っている。

2007−007(2月読了)

・書 名 ナマズの丸かじり
・作 者 東海林 さだお
・出版社 朝日新聞社
・読んだ本の装幀 単行本 217ページ 800円
・発行 1991年3月
[内容紹介]
ナマズだけでなく駅弁から女子大のバザーまで食に関するライトエッセイ。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
ショージくんのマンガも愛読書の一つだが丸かじりシリーズも捨てがたい。ベッドにおいて寝る前にちょこっと読むのがたのしい。

2007−008(2月読了)

・書 名 タヌキの丸かじり
・作 者 東海林 さだお
・出版社 朝日新聞社
・読んだ本の装幀 単行本 217ページ 1,000円
・発行 2000年5月
[内容紹介]
丸かじりシリーズ。どん欲な興味でさまざまな食に関する出来事を書きつづっている。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
寝る前に読むとおなかが減ってくるのが欠点だけれどね。

2007−009(11月読了)

・書 名 ZOO
・作 者 乙 一
・出版社 集英社
・読んだ本の装幀 単行本 333ページ 1,575円
・発行 2003年12月
[内容紹介]
表題作「ZOO」今朝もまた郵便受けに写真が入っていた。もう100日以上続けて。写真には俺の恋人だった女の死体が写っている。少しずつ腐敗が進行していく様が映し出されている。行方不明として処理されているが、殺されているのを知っているのは俺だけ。その日俺は彼女と動物園に行った。犯人は必ず探し出す。しかしそれが不可能なことも俺は知っている。ミステリー、サイコスリラー、SF、本格推理からジャンル分け不能作品までヴァラエティに富んだ短編10作。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
前から気になっていた作家だが、11月に北海道に住む孫の七五三にかこつけて訪問したときに近くの図書館で借りて読んだ。せっかく孫との楽しいやりとりがこの本で暗くなってしまった。謎解きやワクワク感、ほっとする癒し、そして元気やややさしさをもらうために本を読むのだがこの本はいただけない。でも著者の想像力の豊かさには圧倒されたので星3つ。

2007−010(11月読了)

・書 名 ミーナの行進
・作 者 小川 洋子
・出版社 中央公論新社
・読んだ本の装幀 単行本 327ページ 1600円
・発行 2006年4月
[内容紹介]
母一人子一人の朋子は、小学校卒業式の翌日、 開通したばかりの山陽新幹線に乗って岡山から新神戸へ向かった。母が東京の洋裁専門学校で1年間勉強するため、朋子は芦屋の伯母夫婦に預けられることになったのだ。伯父は飲料水会社の社長で、ドイツ人のおばあさんと子供=いとこが2人。18歳のお兄さんはスイスへ留学、妹ミーナは朋子より一つ下だ。 17室もある芦屋の洋館での、朋子の1972年から73年にかけての1年間が綴られる。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
これも北海道で読んだ。コビトカバに乗って小学校に通う従妹のミーナとの交流がほのぼのと暖かく描かれた大人の童話。ところどころに挿入された寺田順三のノスタルジックで色彩豊かな挿絵もすばらしい。中学高校時代を阪急神戸線を使って通学した僕にとって懐かしい風景が蘇り、ほっと優しくなれた。クリスマスプレゼントにはぴったりのいい本です。

2007−011(11月読了)

・書 名 林住期
・作 者 五木 寛之
・出版社 幻冬舎
・読んだ本の装幀 単行本 214ページ 1470円
・発行 2007年2月
[内容紹介]
インドには古くから人生を4つに分ける考え方があった。古代インドのバラモン教の思想にある『林住期』。それは人生の終わりの日々ではなく、その時期を人生の最も重要な時期と捉えた人生論。
[おすすめ度]
☆☆
[白鳥座のひとりごと]
すでに定年退職をした人。または定年後に新しい職場に転じた人達はもちろんの事、これから誰しもが迎えるだろう『林住期』予備軍の若い世代全員に贈る新しい人生論。人は何の為に生まれて来たのか?それをまともに考える、第三の人生の目的、人生のクライマックスがここにある! 」なんてうたい文句にあったがそんなこと前から考えていたことで行動にも移している僕にとって言わずもがなの内容。しかも同じことをグダグダ書いていて、著者らしくない。

2007−012(11月読了)

・書 名 沖で待つ
・作 者 絲山 秋子
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 108ページ 1000円
・発行 2006年2月
[内容紹介]
同期入社の太っちゃんが死んだ。約束を果たすべく、彼の部屋にしのびこむ私。仕事を通して結ばれた男女の信頼と友情を描く傑作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆ 
[白鳥座のひとりごと]
芥川賞受賞作。会社の同僚男女の関係を、恋愛でなく友情としてたんたんと無駄なく簡潔に書かれていて、素直に読みやすい。僕の会社時代にはこのような同期はいなかったけれど今の若い人たちは幸せだと思う。表題作のほか「勤労感謝の日」を併録していてこれも気持ちのいい読了感です。サラリーマン生活に疲れたらちょっと読んで下さい。

2007−013(12月読了)

・書 名 灰色のピーターパン
・作 者 石田 衣良
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 255ページ 1600円
・発行 2006年6月
[内容紹介]
盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生、足に障害を負った兄の敵を討つために復讐を誓うブティック販売員、幼児誘拐事件に巻きこまれた園児救出劇。トラブル続きの“ネバーランド”を描く池袋ウェストゲートパークシリーズ第6弾。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
このシリーズを読むのはこれで4冊目だ。「電子の星」では少し落胆したがこれはいい。特に最後の池袋フェニックス計画がおもしろかった。いまさら都会生活は出来無いけれど、都会に住む人にはがんばって欲しいものだ。

2007−014(12月読了)

・書 名 ガール
・作 者 奥田 英朗
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 253ページ 1400円
・発行 2006年1月
[内容紹介]
30代のキャリアウーマンを主人公にした短編5編。課長に抜擢された女性、マンション購入を検討する独身OL等々。特異な設定などひとつもなく、いずれも等身大の女性たちの生の感情が紙面を踊っている。どの物語も似たような展開だし、ラストはちょっぴり元気になるところも同じパターン。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
都会で一人で生き抜くガールではなく自立した女性の物語。こんなのを読むともう一人の僕が欲しくなります。

2008−001(3月読了)

・書 名 京都の平熱
・作 者 鷲田 清一
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 254ページ 1785円
・発行 2007年3月
[内容紹介]
哲学者・鷲田清一の、エッセイにも似た京都案内の書。京都は不思議な街だ。長く都の置かれた都市ということもあり、ほとんどの日本人が一度なりと足を運ぶ人気の観光地でもある。京都出身の著者が、その幼少期から親しんだ街を、「京都市バス206号系統」のルート沿いにくるりと一周紹介する。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
6番の市電に大学生時代ずいぶんお世話になった(確か6枚綴りで100円だった)が、そのルートに従った京都案内というよりは都市のありかたや京都気質へのエッセイ。それにしても大学時代の6年間はますます重くなっていく。

2008−002(3月読了)

・書 名 ぞっこん沖縄
・作 者 しかくら かおる
・出版社 実業之日本社
・読んだ本の装幀 単行本 156ページ 1470円
・発行 2004年4月
[内容紹介]
沖縄本島から八重山・与那国島までおんなのこ一人がリュックしょって旅する立場で見たガイド本。数あるガイド本ではおすすめの逸品。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
日頃旅先で出会う女の子がどのような感覚でいるのかをかいま見ることが出来た。見る、食べる、体験するなど観光に欠かせない情報は少し見方が違うのでそのまま納得できない物もあるが、メモする価値はありそうです。

2008−003(3月読了)

・書 名 愛妻日記
・作 者 重松 清
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 222ページ 1680円
・発行 2003年12月
[内容紹介]
匿名の官能小説として大反響を呼んだ表題作のほか、夫のゆがんだ情欲を描いた全6編。「家族と夫婦の物語を書き続けたいから」こそ書いた、著者初の“超インモラルな”性愛小説集が今、その禁断の扉を開く。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
重松清が描く夫婦愛の物語と思って図書館で借りたが中身はすごい。直木賞受賞後別名で発表したのも頷けるが、これは男の人が書く、まさしく官能小説です。相手はすべて妻であり、なんら社会的に後ろ指を差される内容ではありませんが、性の奥深さを教えてくれる作品です。

2011−001(2月読了)

・書 名 きのうの空
・作 者 志水辰夫
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 340ページ 1785円
・発行 2001年4月
[内容紹介]
見上げた空は果てしなく高かった。都会での華やかな暮らし、想い続けている人の横顔が、ふわり浮かんだ。だが、この地にしがみつき、一日一日をひたすらに積み重ねなければ、生きてゆけなかった。わたしの帰りを家族が待っていた。親やきょうだいは、ときに疎ましくときには重く、ただ間違いなく、私をささえていた。名匠が自らを注ぎこみ、磨き続けた十色の珠玉。柴田錬三郎賞受賞作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
著者本人が歩んできた昭和30年台の庶民の精一杯生きた様子をたんたんと描きながら、友達やや家族のつながりの大切さをあらためて思い出してくれます。
白鳥座が気に入ったのは最後の「里の秋」で、初老期の男が少年期を過ごした古里で、自らの過去を整理しつつ、かつて心を通わせた同級生の女性を思って、暮れゆく秋の夕暮れに、心を滲ませて行く哀切な文章で結ばれています。元気が出る本ですよ。

2012−001(1月読了)

・書 名 行きずりの街
・作 者 志水辰夫
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 314ページ 1400円
・発行 1990年12月
[内容紹介]
女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独な闘いに挑んでいった…。日本冒険小説協会大賞受賞作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
志水辰夫のとっかかりの本だった。志水節にはじめてふれて思わず引き込まれる。読書マラソンを再開するに当たって再読したが、15年前に読んだときには感じられなかったエンディングの雅子との会話がとてもほっとするものだった。やはり歳をかさねたのかな?おすすめです。

2012−002(1月読了)

・書 名 紅梅
・作 者 津村節子
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 171ページ 1200円
・発行 2011年9月
[内容紹介]
2005年春、癌が発見され、膵臓全摘の手術を受けた吉村昭の、1年半後の壮絶な死までを、作家でもある妻が硬質で冷静な筆で作品化。 全摘手術のあと、夫は「いい死に方はないかな」とつぶやくようになった。退院後は夫婦水入らずの平穏な日々が訪れるも、癌は転移し、夫は自らの死が近づいていることを強く意識する。一方で締め切りを抱え満足に看病ができない妻は、小説を書く女なんて最低だ、と自分を責める。そしてある晩自宅のベッドで、夫は突然思いもよらない行動を起こす―一年半にわたる吉村氏の闘病と死を、妻と作家両方の目から見つめ、全身全霊をこめて純文学に昇華させた衝撃作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
好きな作家の一人である吉村昭の死に至るまでの記録として読んだ。いつかは自分もここなるかもしれないと思うと身が引き締まる思いだが、吉村昭の生き方から学ぶものは多い。

2012−003,004(1月読了)



・書 名 赤い月 上巻、下巻
・作 者 なかにし礼
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 新潮文庫 
      上巻 376ページ 580円  下巻 412ページ 620円
・発行 2004年4月
[内容紹介]
昭和20年8月9日、ソ連軍は突如、満洲に侵攻を開始した。その頃、牡丹江の森田酒造では、保安局の氷室が、白系ロシア人家庭教師エレナをスパイ容疑で斬殺する。栄華の絶頂から奈落の底へ。二人の子供を抱えた森田波子の苦難の逃避行が始まる。自らの引き揚げ体験を元に運命の転変と戦争の悲劇を描く感動の長篇小説。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
2005年には一人で列車とバスを乗り継いで大連からハルビン、ハイラル、満州里まで旅行したり、2011年には妻と大連からハルビンまで再訪したり、とにかくこの本の舞台となった旧満州は僕にとって気になるエリアだ。国策で30万人もの日本人が送り込まれ、帰還出来たのは10万人。その過酷な運命を描く本書は一気に読ませるが、エンタテイメント仕立ては少し頷けないところもあり読後感は複雑だ。現在NHKでやっている「開拓者たち」や関連のドキュメンタリーのほうがもっとみんなに見てもらいたいと思う。

2012−005(1月読了)


・書 名 復活の日
・作 者 小松左京
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 角川文庫 411ページ 420円
・発行 1980年4月
[内容紹介]
MM‐八八菌―実験では、摂氏五度で異常な増殖をみせ、感染後五時間で九十八%のハツカネズミが死滅!生物化学兵器として開発されたこの菌を搭載した小型機が冬のアルプス山中に墜落する。やがて春を迎え、爆発的な勢いで世界各地を襲い始めた菌の前に、人類はなすすべもなく滅亡する…南極に一万人たらずの人々を残して。人類滅亡の恐怖と、再生への模索という壮大なテーマを描き切る感動のドラマ。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
高校生時代に読みふけった小松左京だが昨年亡くなり、思い出に残る1冊として再読。今更ながら小松左京の創造力に驚かされる。やはりこの作品は文章で読むべきだとつくづく思う。合掌。

2012−006(3月読了)

・書 名 環境問題とは何か
・作 者 富山和子
・出版社 PHP研究所
・読んだ本の装幀 PHP新書 206ページ 660円
・発行 2001年10月
[内容紹介]
21世紀は環境の世紀。そしてその資源は水と土。日本人は古来、急峻な厳しい地形と闘いながらこの資源を作り上げ、営々と養ってきた。だが現在足下を見れば、山村の過疎、水問題、放置された森林・・・・山紫水明の地は手抜き列島と化している。著者は言う。山・川・海・米があるのも、それを守る人がいたから。その守り手の歴史と知恵を人類の生きる術として、世界に伝えていく、それなくしては環境は語れないと。「自然を守るとは農林漁業を守ること」と説く。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
稲作を一般市民ボランティアとしてはじめて10年近く。毎日の活動から実体験することが理論的に整理され、素直にすとんと胸に落ちる。自然観察や貴重種を守ることは大事だと思うが、
「自然を守るとは農林漁業を守ること」としてこれからも活動を続けていく上で指針となる好著。是非一読をおすすめする。

2012−007(3月読了)


・書 名 傍聞き
・作 者 長岡弘樹
・出版社 双葉社
・読んだ本の装幀 双葉文庫 217ページ 550円
・発行 2011年9月
[内容紹介]
患者の搬送を避ける救急隊員の事情が胸に迫る「迷走」。娘の不可解な行動に悩む女性刑事が、我が子の意図に心揺さぶられる「傍聞き」。女性の自宅を鎮火中に、消防士のとった行為が意想外な「899」。元受刑者の揺れる気持ちが切ない「迷い箱」。まったく予想のつかない展開と、人間ドラマが見事に融合した4編。表題作で08年日本推理作家協会賞短編部門受賞。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
新聞のエンタテイメント欄におすすめとあったので、めずらしく新刊をとりよせた。内容的にはミステリーといっても軽く読めるもので最後はなんだかほっとする結末となっている。一人旅の旅先なんかで読むとちょうどいいかも。

2012−008(3月読了)


・書 名 最前線兵士が見た「中国戦線・沖縄戦の実相」
・作 者 近藤 一 著 宮城 道良 著
・出版社 学習の友社
・読んだ本の装幀 単行本 103ページ 1,300円
・発行 2011年9月
[内容紹介]
第一章では近藤一さんが高校生達に加害兵士として中国戦線、沖縄戦線でどんなことをしてきたのかを講演してきた内容、第二章以降ではその講演の活動記録をまとめている。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
15年戦争の現場の事実、中国と沖縄の2つの戦線の経験者の現場報告としても十分読みごたえがあった。どこかの市長が「南京虐殺は無かった」と発言したが、この報告を聞いた生身の高校生の声がとてもリアルで、このようにして風化させないで、若者に引き継いでゆく責任が僕たち世代にはあると思う。

2012−009(3月読了)


・書 名 卒業
・作 者 重松清著
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 300ページ 1,600円
・発行 2004年4月
[内容紹介]
親友の忘れ形見の少女が、ある日、僕を訪ねてきた。26歳で自ら命を絶った友と、40歳になった僕。「あのひとのこと、教えて」と訴える中学2年生の少女の手首には、リストカットの傷跡が…。表題作ほか、それぞれの「卒業」に臨む4組の家族の物語。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
親の死にかかわる短編集で、テーマはとても重く暗いものだが、それを重松風に最後は希望へと見事に転化させており安心して読み進められる。元気になれますよ。

2012−010、011(5月読了)




・書 名 銃・病原菌・鉄(上)(下)
・作 者 ジャレド・ダイアモンド/著 倉骨彰/訳
・出版社 草思社
・読んだ本の装幀 単行本 (上)317ページ 1,900円 (下)332ページ 1,900円
・発行 2000年10月
[内容紹介]
アメリカ大陸の先住民はなぜ、旧大陸の住民に征服されたのか。なぜ、その逆は起こらなかったのか。現在の世界に広がる富とパワーの「地域格差」を生み出したものとは。1万3000年にわたる人類史のダイナミズムに隠された壮大な謎を、進化生物学、生物地理学、文化人類学、言語学など、広範な最新知見を縦横に駆使して解き明かす。ピュリッツァー賞、国際コスモス賞、朝日新聞「ゼロ年代の50冊」第1位を受賞した名著。
第1部 勝者と敗者をめぐる謎(一万三〇〇〇年前のスタートライン;平和の民と戦う民の分かれ道;スペイン人とインカ帝国の激突)
第2部 食料生産にまつわる謎(食料生産と征服戦争;持てるものと持たざるものの歴史;農耕を始めた人と始めなかった人;毒のないアーモンドのつくり方;リンゴのせいか、インディアンのせいか;なぜシマウマは家畜にならなかったのか;大地の広がる方向と住民の運命)
第3部 銃・病原菌・鉄の謎(家畜がくれた死の贈り物)(文字をつくった人と借りた人;発明は必要の母である;平等な社会から集権的な社会へ)
第4部 世界に横たわる謎(オーストラリアとニューギニアのミステリー;中国はいかにして中国になったのか;太平洋に広がっていった人びと;旧世界と新世界の遭遇;アフリカはいかにして黒人の世界になったか);科学としての人類史
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
世界史の勢力地図は、侵略と淘汰が繰り返されるなかで幾度となく塗り替えられてきました。歴史の勝者と敗者を分けた要因を、銃器や金属器技術の有無、農耕収穫物や家畜の種類、運搬・移動手段の差異、情報を伝達し保持する文字の存在などで解き明かしていく文章は魅力的で、知的興奮満点です。

2012−012(6月読了)


・書 名 妊娠カレンダー
・作 者 小川 洋子
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 189ページ 1,000円
・発行 1991年2月
[内容紹介]
出産を控えた姉に毒薬の染まったジャムを食べさせる妹…。妊娠をきっかけとした心理と生理のゆらぎを描く芥川賞受賞作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
何年か前にブックオフで100円で購入したまま積ん読だったが、次女の妊娠をきっかけに読み始める。小川洋子ワールドの原点だが、その後のミーナの行進に比べると心理描写にいまいち入りきれなかった。やはり男性では無理か。

2012−013(6月読了)



・書 名 てのひらの父
・作 者 大沼 紀子
・出版社 草思社
・読んだ本の装幀 単行本 287ページ 1,500円
・発行 2011年11月
[内容紹介]
世田谷区、松陰神社前駅から徒歩15分。女性専用の下宿「タマヨハウス」には、年ごろの三人の女が暮らしていた。弁護士を目指す涼子、アパレルのデザイナーとして働く撫子、そして不条理なリストラに遭い、人生にも道にも迷い続ける柊子。幸せでも不幸せでもない日常を過ごしていた彼女たちだが、春の訪れとともに現れた真面目だけが取り柄の臨時管理人の過干渉によって、少しずつそれぞれの「足りない何か」が浮き彫りになっていく。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
父の日に一気に読了。3人の子どもを持つ父親としてぐいぐい引き込まれた。ほんわかとしてかつエネルギーをもらえる。父の日の最高のプレゼントとなった。
というわけで久しぶりの5星。

2012−014(7月読了)



・書 名 蜩ノ記
・作 者 葉室 麟
・出版社 祥伝社
・読んだ本の装幀 単行本 327ページ 1,680円
・発行 2011年11月
[内容紹介]
豊後・羽根藩の奥祐筆・檀野庄三郎は、城内で刃傷沙汰に及んだ末、からくも切腹を免れ、家老により向山村に幽閉中の元郡奉行・戸田秋谷の元へ遣わされる。秋谷は七年前、前藩主の側室と不義密通を犯した廉で、家譜編纂と十年後の切腹を命じられていた。庄三郎には編纂補助と監視、七年前の事件の真相探求の命が課される。だが、向山村に入った庄三郎は秋谷の清廉さに触れ、その無実を信じるようになり…。命を区切られた男の気高く凄絶な覚悟を穏やかな山間の風景の中に謳い上げる、感涙の時代小説。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
昨年のダントツの直木賞受賞作ということで購入。これも「てのひらの父」に続いて一気に読了。とてもあたたかい四季を重ねる里山の風景と生活、そして家や家族をおもんばかる男の気高さのコントラストにぐいぐい引き込まれる。そして最終ページの最後のせりふに目がウルル。男なら是非読むべきだ。

2012−015(7月読了)



・書 名 太陽の塔
・作 者 森見 登美彦
・出版社 新潮文庫
・読んだ本の装幀 文庫 237ページ 440円
・発行 2006年6月
[内容紹介]
私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
筆者が描く学生時代から30数年前に同じ大学、同じ町内の下宿に過ごした白鳥座にとって、なつかしい町名や交差点が随所に出てきて当時の生活を思い出させてくれる。ストーリーも日本ファンタジーノベル大賞受賞というだけあってどこまでが現実の生活か、どこからがファンタジーか混沌としているところが、一種独特の雰囲気を醸し出している。僕も含めて学生達の多様性に感謝。

2012−016(7月読了)


・書 名 雪まんま
・作 者 あべ 美佳
・出版社 NHK出版
・読んだ本の装幀 単行本 333ページ 1,600円
・発行 2012年4月
[内容紹介]
宮城県を舞台に、震災直後の避難所での炊き出しがきっかけとなって、女性主人公が地域に根ざした米作りに奮闘努力していく姿を、人々の絆やラブストーリーを背景に絡めながら感動的に描く、東北、そして日本の未来への応援歌。
震災について小説がまだ多くを語り得ていない現状で、地域と食を軸に、大きな構えで小さな物語を紡いでいる。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
多くの一般市民と稲作をしている白鳥座にとって主人公の活動は同じ地下水脈でつながっていると強く感じた。ただ少し教条主義的なことが気になったが、ラブストーリーや離婚した母親とのつながりがエンターテイメント生を出していて一気に読ませてくれる。

2012−017(8月読了)


・書 名 三匹のおっさん
・作 者 有川浩
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文庫 443ページ 730円
・発行 2012年4月
[内容紹介]
還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
定年後のおっさんを描いた小説には重松清の「定年ゴジラ」があるが、それより痛快で、最初はコミックマンガを読んでいる風だった。しかし途中から
祐希と早苗がいい雰囲気を出してきて小説のおもしろさで、一気に読了。夏の蒸し暑さを吹き飛ばす時間となった。

2012−018(8月読了)


・書 名 秘密基地の作り方
・作 者 尾方孝弘
・出版社 飛鳥新社
・読んだ本の装幀 単行本 230ページ 1,365円
・発行 2012年5月
[内容紹介]
生きる力をたくましく育てる「秘密基地」作りのススメ。構想を固め、場所を見つけ、材料を集め、組み立てて、仲間と遊ぶ。
実践篇1 場所を見つける(あなたにぴったりな秘密基地の場所はどこでしょう?);実践篇2 秘密基地を作る(イメージをふくらませよう;材料を見つけよう;秘密基地を作ろう);実践篇3 秘密基地で遊ぶ(秘密基地の中で遊ぶ―マンガ、携帯ゲーム、お菓子、トランプなど;そこにある素材で遊ぶ―毒水、泥団子、たき火など;めいっぱい活動的な遊び―魚釣り、けいどろ、落とし穴など ほか)
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
日頃こどもたちと毎年秘密基地をつくっており、そのノウハウを得るために入手したが、内容的には「作り方」より「なぜ作るのか」といった精神面が気に入った。子どもの心を忘れないためにもみなさんに読んで欲しい一冊です。

2012−019(9月読了)


・書 名 恐山 死者のいる場所
・作 者 南直哉
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 新書 207ページ 735円
・発行 2012年4月
[内容紹介]
死者は実在する。懐かしいあの人、別れも言えず旅立った友、かけがえのない父や母―。たとえ肉体は滅んでも、彼らはそこにいる。日本一有名な霊場は、生者が死者を想うという、人類普遍の感情によって支えられてきた。無常を生きる人々へ、「恐山の禅僧」が弔いの意義を問う。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
縁会って9月上旬に東北地方北部を旅行。その行きのフェリー内で読了。恐山にも訪れましたが、そこには亡くなった方やペットの遺品がたくさんまつられており、みなさんがそこに来て故人を偲んでいるようでした。死で切り離された死者を思い出すことでいつまでも意味のある関係性が生き続ける事の意味がこの本を読んでいたおかげですとんと腑に落ちました。

2012−020(9月読了)


・書 名 阪急電車
・作 者 有川浩
・出版社 幻冬舎
・読んだ本の装幀 文庫 269ページ 560円
・発行 2010年8月
[内容紹介]
隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
僕も少年時代によく乗った宝塚と西宮北口を結ぶ阪急電車今津線のなかで起こる数々の人間ドラマと奇跡の物語です。若い人の悩みや恋。働く人の苦悩と喜び。家族が抱くさまざまな感情。色んな想いが交わり、合わさり、爽やかな感動を生み出しています。
作品を読んだあとになんだか恋がしたくなって、阪急電車に乗ってみたくなるような、優しいキモチになれますよ。

2012−021(10月読了)


・書 名 ラブコメ今昔
・作 者 有川浩
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 単行本 279ページ 1,470円
・発行 2008年6月
[内容紹介]
「自衛隊員の皆さんに恋愛や結婚の経験談を語ってもらいたいんです」。二等陸佐・今村和久の前に現れたのは、隊内紙の記者の元気娘・矢部千尋二等陸尉。訊けば、夫婦の馴れ初めを、コラムに掲載したいというのだが!?「みっともない」と逃げる今村、ねばる千尋。一歩もひかない攻防戦の顛末は―!?様々な思いが交錯する、自衛隊員の結婚を綴った表題作を含む、十人十色の恋模様6編を収録した、国を守る男女の本気印恋愛百景。
[おすすめ度]
☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
「3匹のおっさん」で有川浩にはまってしまったが、この「ラブコメ今昔」はちょっとがっかり。すこし飛ばして書いたのかなとも思ってしまう。恋に恋するおじさんにもっとラブコールをくださいね、有川浩さん。

2012−022(10月読了)


・書 名 ライアの祈り
・作 者 森沢明夫
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 335ページ 1,575円
・発行 2012年10月
[内容紹介]
青森県八戸で眼鏡店の店長を務める桃子はバツイチの35歳。弘前で100年続くそば屋の長女でもある。不幸な離婚を経験、恋に臆病になってからずいぶん経っている。そんなある日、人数合わせで誘われた飲み会で出会ったのは、何とも風采のあがらない考古学者だった。彼の手引きで遺跡の発掘に目覚めた桃子だったが……。平成から遡ること遙か昔。縄文の村で暮らす若き狩人ライア。化け物のようなイノシシと果敢に戦い、決して弱音を吐かない勇者だ。心に「神の欠片」を持つライアは不思議な魔力を持つ愛犬ギンを従え、波乱の人生へと船出してゆく……。平成と縄文の二つのドラマが感動のクライマックスへと読者を導いていきます。現代人が忘れかけている温かくて懐かしい心と心の触れあいがテーマ。さらに青森の手つかずの自然、遺跡、そして思わずつばを飲み込む美味しい食べ物の数々。ハートウォーミングな傑作小説。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
図書館で思わず手に取った本。舞台となる八戸、小川原湖、三内丸山遺跡を8月にまわってきたので土地勘バッチリ。夜の更けるのも忘れて一気読みのファンタジーだった。僕の心の中にある「神のかけら」を信じたいものだ。
この本が好きな方は第2回日本ファンタジーノベル大賞に輝いた鈴木光司の「楽園」を読まれるといい。もっと空間時間とも広がったファンタジーを堪能出来ること間違いないですよ。

2012−023(10月読了)


・書 名 約束
・作 者 石田衣良
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 単行本 244ページ 1,470円
・発行 2004年7月
[内容紹介]
親友を突然失ってしまった男の子、不登校を続ける少年と廃品回収車の老人、モトクロスの練習に打ち込む少年を遠くから見守る一人の女性、仕事を抱えながら女手ひとつで育てた息子を襲った思いがけない病・・・かけがえのないものをなくしても、人はいつか自分の人生に帰るときがくる・・・。止まってしまった時間が再び流れ出すときを描く、珠玉のセブン・ストーリーズ。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
かけがえのないものをなくしたり、深い心の傷をもてあまし、それが自分の容量MAXを超えてしまったら、誰かに助けを求めたい。この作品は、そんな人に深い癒しと、さあ明日からはやっていこうという気持ちを起こさせます。決して電車の中や
家族がいる部屋の中で読まないでね。

2012−024(10月読了)


・書 名 戦争を取材する 子どもたちは何を体験したのか
・作 者 山本美香
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 190ページ 1,260円
・発行 2011年7月
[内容紹介]
どうして同じ人間が憎み合ったり殺し合ったりするのか、なぜ戦争がおこってしまうのか、平和のためにはどうしたらよいのか、ジャーナリスト山本美香が豊富な経験から語ります。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
2012年8月シリアで殺された山本美香が小学生むけに書いた本。筆者が戦争の実態を、特に弱い立場の子どもや女性がおかれている状況を丁寧に報道していたことはよく知られており、この本でも小学生に語りかけるようにその熱意は伝わってくる。ただ白鳥座はそれより一人の女性としての生きき方をこの本から学んだ気がする。合掌。

2012−025(11月読了)

・書 名 生きるぼくら
・作 者 原田マハ
・出版社 徳間書店
・読んだ本の装幀 単行本 385ページ 1,680円
・発行 2012年9月
[内容紹介]
いじめを受け、ひきこもりだった麻生人生。蓼科でひとりぐらしを続ける人生の祖母、中村真麻。対人恐怖症の中村つぼみ。田んぼから三人は前をむいて歩み始めた―。収穫のとき、それぞれの心に温もりが実る。山本周五郎賞作家が描く感動の成長小説。
[おすすめ度]
☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
稲作を通じて引きこもりだった青年が自分を取り戻すというシナリオで衝動買いしたが、中身はいかにもの教条的というか、予定調和というか、結末が見えてくる内容。もう少し毒と癒しがあっても良かったと思う。

2012−026、027(11月読了)



・書 名 終わらざる夏 上、下
・作 者 浅田次郎
・出版社 集英社
・読んだ本の装幀 単行本 上 467ページ 1,785円  下 458ページ 1,785円
・発行 2010年7月
[内容紹介]
西洋文化あふれる華やかな東京の翻訳出版社に勤める片岡は、いずれ妻とひとり息子とともにアメリカへ移住するのが夢だった。しかし、第2次大戦開戦により息子・譲を疎開し、片岡は妻・久子と東京に残ることに。理不尽な言論統制下で、いつかは人間本来の生の美しさを描いたヘンリー・ミラーの『セクサス』を翻訳出版するのだと強い信念を抱いていた。
そんな彼に、赤紙が届く。陸海軍の精鋭部隊が残留している北海道北部の占守島に米軍上陸の危機が噂されるなか、大本営の作戦本部は、敗戦を予見していた。そこで、米軍との和平交渉の通訳要員として、秘密裏に片岡を占守に運ぶ作戦が立てられたのだ。粉飾のため、2人の「特業」要員も召集された。地元・盛岡の貧しい人々のため働いてきた志高き医学生の菊池、熱河作戦と北支戦線の軍神と崇められた車両運転要員の鬼熊である。
上巻では、3人の占守島への旅を軸に、焼け野原の東京、譲の疎開先、鬼熊らの地元・盛岡の農村など、様々な場所でのそれぞれの「戦争」を、多視点で重層的に描いていく。

下巻では千島列島の孤島・占守島は、短い夏を迎えていた。女子挺身隊として占守島の缶詰工場で働く女子高生たちは、函館に帰る日を待ち望みながら日々を過ごしている。一方、片岡、菊池、鬼熊らも難儀したすえに占守島に到着。そこで3人は、日本が和平に向かっていることを大本営参謀から教えられる。片岡は妻に宛てた手紙で、戦争の真の恐ろしさについて語り、和平を成功させ、平和な世で『セクサス』を出版する決意を綴る。しかし、占守に侵攻しつつあるのは米軍ではなく、ソ連軍であった……。
同じ頃、父の徴兵を知らされた譲は、疎開先の少女とともに、宿舎を脱走し東京を目指す。途中、空腹と疲労で極限状態の2人の前に現れた金髪碧眼の少年はパンを恵んでくれた。その少年は、占守へ侵攻中のソ連兵の昔の姿であった。
人間本来の温かな交流を織り交ぜつつ、物語は玉音放送を迎える。しかし、その翌日、占守にソ連軍が侵攻。凄惨な戦闘となる。せめて缶詰工場の女子高生たちは無事に北海道本島へ送還しようと、中尉たちは決起し……。
日ソ双方に多くの犠牲者を出し、占守島の戦いはついに収束する。残った日本兵はシベリアに連行された。肉体的にも精神的に厳しい生活に、菊池は生きる望みを失いかけるが……。 [おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
 私たちの生活というのは、政治や経済の状況によって大きく変化することはなく、おだやかに連綿と受け継がれてゆくものですが その流れ自体を暴力的に根こそぎひっくり返してしまうものが「戦争」です。
 この小説で語られるのはそんな「戦争」を鳥瞰的視点から声高にではなく、戦いまで登場人物たちがすごす日々をおだやかな日常的な言葉で描くことによって、逆に戦争の恐ろしさを肌感覚で感じさせてくれます。
.国防軍を憲法に明記したり、集団的自衛権を認めたりと、何かときな臭い匂いのする最近でこそ、全国民に読んで欲しいものです。

2012−028(12月読了)

・書 名 マンチュリアン・リポート
・作 者 浅田次郎
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 303ページ 1,575円
・発行 2010年9月
[内容紹介]
昭和3年6月4日未明。張作霖を乗せた列車が日本の関東軍によって爆破された。一国の事実上の元首を独断で暗殺する暴挙に昭和天皇は激怒し、誰よりも強く、「真実」を知りたいと願った―。混沌の中国。張り巡らされた罠。計算と誤算。伏せられた「真実」。
[おすすめ度]
☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
11月に続いて浅田次郎の戦争物。旧満州に昨年旅行し、張作霖爆破事件やそれに続く満州事変を勃発させた旧奉天、現在の瀋陽にある記念館にも立ち寄った僕にとってかねてから読みたいと思っていた本だった。内容的には満州軍閥の武勇伝的色合いが強く、あまりぴんとこなかった。物語としてはおもしろいのだが残念。

2012−029(12月読了)

・書 名 その日のまえに
・作 者 重松清
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文春文庫 365ページ 610円
・発行 2008年9月
[内容紹介]
僕たちは「その日」に向かって生きてきた―。昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
いずれは訪れる死。家族なのか、はたまた自分なのか。平均余命が20年を切った今、やるべきことは何だろうか。死を前にした家族の思いをつづって書をおくことが出来なかった。

2012−030(12月読了)

・書 名 木のいのち木のこころ 天
・作 者 西岡常一 (塩野米松/聞き書き)
・出版社 草思社
・読んだ本の装幀 単行本 167ページ 1,400円
・発行 1993年12月
[内容紹介]
樹齢千年の桧は、大工の技と知恵で、建物になっても千年は持ちますのや―。木を知悉する「最後の宮大工棟梁」が、職人の技術と魂について語り尽くした。
  【目次】
宮大工という仕事;木を長く生かす;木の二つの命;礎石の大切さ;木の触り心地;飛鳥の工人に学ぶ;古い材は宝もの;千年の命の木を育てる;宮大工棟梁の自然観;道具と大工の魂〔ほか〕
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
自然体験活動の拠点として雑木林に間伐材などを使って小屋を仲間と一緒に建てたが、この本を読んでみてレベルが全然違う(なんせ法隆寺と掘っ立て小屋)が、なんか通じるものが感じられ勇気をもらった。今度奈良に帰ったときは法隆寺や薬師寺を見てみたくなった。

2012−031(12月読了)

・書 名 木のいのち木のこころ 地
・作 者 小川三夫 (塩野米松/聞き書き)
・出版社 草思社
・読んだ本の装幀 単行本 207ページ 1,500円
・発行 1993年12月
[内容紹介]
宮大工・西岡常一棟梁の門を叩き、三たび追い返されながらも、ついにただひとりの内弟子となった男が、法輪寺、薬師寺などでみずからの夢を実現させていく。
 【目次】
塔を造る宮大工になりたい;入門までの棟梁の手紙;父親の反対をふりきって;棟梁と二人だけの法輪寺;弟子入りの儀式;法輪寺の中断、薬師寺金堂の再建;法輪寺三重塔の副棟梁に;死際に見た西岡楢光の職人魂;棟梁の弟・楢二郎の名人芸;高田好胤師の一言〔ほか〕
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
「木のいのち木のこころ 天」に続く第2弾。教育論としてもおもしろい。子育てするお父さんやお母さんに読んで欲しいものだ。

2013−001(1月読了)

・書 名 魔王
・作 者 伊坂幸太郎
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 文庫 369ページ 650円
・発行 2008年9月
[内容紹介]
会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
ちょうど自民党に政権が戻ったときに読んだが政治や平和がテーマではなく、ミステリーなのだが僕にとっては消化不良。
一般読者の人気の割には伊坂幸太郎はどうもあわないようだ。

2013−002(1月読了)

・書 名 闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと
・作 者 星野史雄
・出版社 産経新聞出版
・読んだ本の装幀 単行本 253ページ 1,365円
・発行 2012年10月
[内容紹介]
乳がんで妻を失った自分を救ってくれたのは「闘病記」だった。同じ病で苦しむ人たちの声、苦しみの軽減方法、希望の持ち方、そして諦観のあり様を知りたくて、闘病記専門古書店を設立。約2800冊を読破した。そんな私が、末期の大腸がん患者となった今、“知りすぎた自分”と格闘する。
著者は自身も末期の大腸がんを患う闘病記専門古書店店主。「がんとの戦い方」を伝授する自伝的ヒューマンドキュメント。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
母親がガンで亡くなって40年。僕はその年齢を14歳も超えたが、それだけにガンに対する正しい知識と対応、それにもまして生き方が求められている。身につまされる記事が続き、一気に読了した。

2013−003(1月読了)

・書 名 告白
・作 者 湊かなえ
・出版社 双葉社
・読んだ本の装幀 文庫 317ページ 650円
・発行 2010年4月
[内容紹介]
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラー
[おすすめ度]
☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
どんでん返しというほどのものはないがミステリー性はありそれなりに楽しめる。ただ暗く救いがないので、世の中の評判ほどは感動無し。

2013−004(1月読了)

・書 名 さらば東京タワー
・作 者 東海林さだお
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 285ページ 1,208円
・発行 2012年9月
[内容紹介]
ある日はルンバを一日観察し、ある日は零落の東京タワーを訪問、またある夜は缶詰だけでフルコースを楽しむ。ショージ節ここに全開。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
購入して読むほどのシリーズではないが、図書館で見つけたので借用。息抜きに楽しい大人の絵本。。

2013−005(2月読了)

・書 名 カフーを待ちわびて
・作 者 原田マハ
・出版社 宝島社
・読んだ本の装幀 単行本 283ページ 1,470円
・発行 2006年4月
[内容紹介]
もし絵馬の言葉が本当なら、私をあなたのお嫁さんにしてください―。きっかけは絵馬に書いた願い事だった。「嫁に来ないか。」と書いた明青のもとに、神様が本当に花嫁をつれてきたのだ―。沖縄の小さな島でくりひろげられる、やさしくて、あたたかくて、ちょっぴりせつない恋の話。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
第1回「日本ラブストーリー大賞」大賞受賞し、映画化もされたラブストーリ。自然とやさしい気持ちになれる作品」と絶賛されたとおり、たしかにやさしくなれる。八重山に通っていたのでよりいっそうその思いが強かった。もうこんなことは自分にはおこらないんだろうなと思うとせつないが、小説の魅力はこのような疑似体験ができることをあらためて感じさせてもらった物語だった。

2013−006(2月読了)

・書 名 エイジ
・作 者 重松清
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 新潮文庫 463ページ 704円
・発行 2004年7月
[内容紹介]
ぼくの名はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある中学の二年生。その夏、町には連続通り魔事件が発生して、犯行は次第にエスカレートし、ついに捕まった犯人は、同級生だった―。その日から、何かがわからなくなった。ぼくもいつか「キレて」しまうんだろうか?…家族や友だち、好きになった女子への思いに揺られながら成長する少年のリアルな日常。山本周五郎賞受賞作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
中高一貫の進学校で、しかも男子校で育った僕にとって、このような中学生時代はぴんと来ないが、思いを寄せる女子への行動や心理の変化、いじめや大人への自立心の葛藤など、重松清はきっちりと書き込んでいて重い。キレルとは人と人とのつながりを切ることだ、などぐっとくるものもあり、読みにくかったが最後まで目を離せなかった。

2013−007(2月読了)

・書 名 ハッピー・リタイアメント
・作 者 浅田次郎
・出版社 幻冬舎
・読んだ本の装幀 単行本 302ページ 1,575円
・発行 2009年11月
[内容紹介]
定年を四年後に控えた、しがない財務官僚・樋口慎太郎と愚直だけが取り柄の自衛官・大友勉。二人が突如再就職先として斡旋されたJAMS(全国中小企業振興会)は、元財務官僚の理事・矢島が牛耳る業務実体のない天下り組織。その体質に今イチ馴染めない樋口と大友は、教育係となった秘書兼庶務係の立花葵から、ある日、秘密のミッションを言い渡される…。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
浅田次郎出身の自衛隊や、官僚達の天下りなど、世間の内幕が随所にちりばめられ、破天荒なストーリーもさることながら いい社会勉強になった。ノンフィクションとはいえ、こんなことが日本のどこかで行われているのは納得出来ないが
、やりたいようにやっている僕にとっては目をつぶるしかないか。

2013−008(2月読了)

・書 名 ナマズの丸かじり
・作 者 東海林さだお
・出版社 朝日新聞出版
・読んだ本の装幀 単行本 217ページ 800円
・発行 1991年3月
[内容紹介]
ホットドッグは軽食界の問題児だ、心身健康お天気快晴の日はトンカツに限る、ナスとキュウリとどっちが偉いか、納豆はネバネバこそ命、焼肉バイキング初体験、コンニャクは頑固者、懐かしや魚肉ソーセージ…縦横無尽に食を語って大好評のシリーズ第5弾。今回はナマズのフルコースにも挑戦してみました。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
先月読んだ「さらば東京タワー」より数段おもしろい。20年前の本だが、やはり食べ物の話となると俄然おもしろさが違ってくる。ただ2007年2月に読んでいたことが衣魚の記で記録されていた。完全に忘れていたわけで、少し複雑。

2013−009(3月読了)

・書 名 千のキス
・作 者 安達千夏
・出版社 祥伝社
・読んだ本の装幀 単行本 331ページ 1,680円
・発行 2012年10月
[内容紹介]
17歳―彼と一緒に死ぬつもりで、手首を赤い糸で結び合わせ、瑠璃は竹富島の海に入った。21歳―海外からわざわざ訪ねてきた画家。その指から香る松脂の匂い。22歳―瑠璃が恋した男は「他人を振り回し、他人の時間を奪う“時泥棒”」だった。23歳―取材に訪れた新聞記者は既婚者だった。魅かれるものの、思いは焦れて。24歳―静養で訪れた竹富島。変わらない美しい光景と、そこには瑠璃を待つ人がいた…。彼女は幾度でも、恋に落ちていく。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
僕の好きな竹富島が最初の舞台だったので図書館で借りて読み始めたが、途中は東京やヨーロッパでの物語。でも7年後の最終舞台はやはり竹富島。恋多き乙女のロマンティック人生物語としてあっさりよめばいいのかも知れないが、時間泥棒的な要素もあり要注意だ。

2013−010(3月読了)

・書 名 黄色いテント
・作 者 田淵行男
・出版社 実業之日本社
・読んだ本の装幀 単行本 377ページ 3,800円
・発行 1985年11月
[内容紹介]
最初の企画から30年近くたって完成した中身の濃いエッセイ集。
山頂の石、アルビノ収集などちょっと余人とは違うところから始まり、山の怪奇談など。もちろん専門の高山蝶の話もたっぷり。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
古本でも5000円はする著名なエッセイ集。だが串田孫一や辻まことのとは違って心の内面まで描いてはおらず、なにか物足りない。いわば理科系の山エッセイ。

2013−011(3月読了)

・書 名 男は旗
・作 者 稲見一良
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 252ページ 1,300円
・発行 1994年2月
[内容紹介]
心優しきアウトローたちの溜り場だったフローティング・ホテル〈シリウス号〉。経営難から悪辣なギャングたちに買取られる当日、船はひそかに朝まだきの海を出航した…。ささくれだった現実を振り捨ててクルーとなった奇妙な仲間たち。追いすがるギャング、迫りくる嵐。黄金のありかを捜し求めて、〈シリウス号〉は今日もゆく―。大人の童心をくすぐる痛快無比の冒険譚。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
稲見作品をはじめて取り上げるが、六三歳の若さで亡くなり作品は多くない。ダックコール、ソーザップなど実はすべて読了しており、再読した今回あらためてとりあげた。この作品には男の友情、自然との触合い、自分を見つけるため・守るための戦いが描かれており、言葉にするとこれほど陳腐なものは無いのだが、読んでいる間はそんなことに気付くこともなく、物語の中に没頭できる。超一流の物語作家・稲見一良の作品の数々、これからもずーっと読み継がれていってほしいものです。

2013−012(3月読了)

・書 名 おれたち戦国ロボサッカー部!
・作 者 奈雅月ありす
・出版社 ポプラ社
・読んだ本の装幀 単行本 245ページ 1,470円
・発行 2013年3月
[内容紹介]
武将・織田信長を崇拝する中学2年生、恩田伸永は、徳川家康地・三河に嫌々転校し、「ロボサッカー部」に入部した。そこにはプログラムの天才、イエヤスがいて─。ノブナガとイエヤスがロボットサッカーで勝負!? 一風変わった部員たちと繰り広げる汗と涙の青春部活ストーリー。第2回ポプラズッコケ文学新人賞大賞作品。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
二ヶ月に一回程度、小学生を相手に「お兄さんお姉さんから聞くおはなし会」を主催しており、毎回中学生や高校生が小学生を相手に読み聞かせを行っている。そこでどんな絵本を取り上げたらいいか従来から絵本には関心があったが、縁あってこの本に巡り会えることが出来た。小学校高学年以上にむいていると思われるが個性豊かな中学生がきめ細かく描かれており同年代の子どもを持つ親世代にもおもしろい。子どもの心を持ち続ける著者による中学生日記。

2013−013(4月読了)

・書 名 タケノコの丸かじり
・作 者 東海林さだお
・出版社 朝日新聞出版
・読んだ本の装幀 単行本 217ページ 1,050円
・発行 1998年5月
[内容紹介]
春は草餅;カニ缶はいつ開けるか;即席クサヤ作製記;茶巾寿司は偉いのか;ロバさんの国のエチオピア料理;サンジェルマン風景;いまブレイクの油そば;造弊局の「通り抜け」;錦水亭の筍コース;回転寿司をスタンドで〔ほか〕
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
おなじみの丸かじりシリーズ。おもしろくない内容も時々あるが寝る前のクールダウンに最適。

2013−014(4月読了)

・書 名 チェーン・スモーキング
・作 者 沢木耕太郎
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 文庫本 266ページ 515円
・発行 1996年4月
[内容紹介]
古書店で手にした一冊の本に書き込まれていた言葉。公衆電話で演じられた人生の一場。深夜にタクシー・ドライバーと交わした奇妙な会話。…エピソードの断片はさらなるエピソードを呼び寄せ、あたかもチェーン・スモークのように連鎖しながらひとつの世界を形づくる―。同時代人への濃やかな共感とともに都会の息遣いを伝える。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
かって「深夜特急」でのめり込んだ時期があったが「凍」で少し落胆した。しかし新聞の映画評でただならぬ雰囲気を感じ、読み始めたのがこの一冊。エッセイ15篇とも極上の短篇小説を思わせる味わいがあった。お薦めです。

2013−015(4月読了)

・書 名 アイウエオの陰謀
・作 者 東海林さだお
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文庫本 306ページ 515円
・発行 1998年2月
[内容紹介]
五十音図は、なぜアイウエオか。アオウイエであってはなぜいけないのか。実はそこに世界制覇の野望が隠されていたのだ。表題作を始め、各種麺類が一堂に会した東京サミット、鯛は腹黒いと喝破する新解魚類図鑑、電気ポットに押しやられたやかんの告白など、著者独特の洞察と発想が冴える真実を追求した笑撃のエッセイ16篇。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
丸かじりシリーズの軽脱な調子とはひと味違うまじめエッセー。とはいってもなるほどと思わせる文章力はさえ渡り、東海林さだおの必読書。

2013−016(4月読了)

・書 名 虫眼とアニ眼
・作 者 養老孟司、宮崎駿
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 文庫本 192ページ 460円
・発行 2008年2月
[内容紹介]
小さな虫の動きも逃さず捉えて感動できる「虫眼の人」養老孟司と、日本を代表する「アニメ(眼)の人」宮崎駿が、宮崎作品を通して自然と人間のことを考え、若者や子供への思いを語る。自分を好きになろう、人間を好きになろう、自然と生きるものすべてを好きになろうという前向きで感動的な言葉の数々は、時代に流されがちな私たちの胸に真摯に響く。カラーイラスト多数掲載。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
表紙をめくってまず出てくるイラスト。こんな街がいいな、保育園がいいな、子どもの遊び場がいいなという22ページにわたって展開されるイメージはまさに理想郷。現実的にはお金の問題とか、世の中がついてこないとかいろいろ問題がありそうだが、ひとつでも実現していきたいものだ。

2013−017(5月読了)

・書 名 ぼくらが出合った戦争 漫画家の中国引揚げ行
・作 者 石子順 ちばてつや 森田拳次
・出版社 新日本出版社
・読んだ本の装幀 単行本 195ページ 1,575円
・発行 2012年8月
[内容紹介]
戦後を代表する漫画家たちの共通点―それは中国からの“引揚げ”だった。敗戦を境に生活は激変。わが子を守ろうと必死の親たちに手を引かれ、彼らの引揚げが始まる―。
石子順 ちばてつや 森田拳次 赤塚不二夫 古谷三敏 上田トシコ 北見けんいち 山内ジョージ 高井研一郎 横山孝雄 バロン吉元 林静一 山口太一の満州引き上げ」記録。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
名前は知らなくてもマンガを読むと懐かしい絵が出てくる。彼らはいずれも旧満州で小さい頃を過ごし、終戦で引き上げてきた。そんな記録と漫画家としての戦後の人生を語っている。彼らが当時を記録として描いたマンガは中国でたくさんの人の共感を得たとか。旧満州を旅し、最近の中国の動き、そして憲法をめぐる動きを見ているとみんなに呼んで欲しい本のひとつだ。

2013−018(5月読了)

・書 名 おぢいさんのランプ
・作 者 新美南吉
・出版社 東京有光社
・読んだ本の装幀 単行本 225ページ 1圓20銭
・発行 1942年10月
[内容紹介]
昭和初期の児童文学作家である新美南吉が生前に編んだ唯一の童話集。「川 」「嘘」「ごんごろ鐘」「久助君の話」「うた時計」「おぢいさんのランプ」「貧乏な少年の話」の7話をのせている。そのなかの「おぢいさんのランプ」は南吉の父の話が一部ヒントとなって書かれたと考えら、童話集の表題作であり、中心的な素材となった作品。「東一君」はおじいさんの思い出のランプを持ち出し、叱られる。ランプを通じて、「東一君」とおじいさんの温かい心の交流が描かれる。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
地元愛知県が生んだ有名な児童文学作家だが、いままであまり関心が無く、絵本の読み聞かせで「てぶくろを買いに」「ごんぎつね」などを見たくらいだった。たまたま自宅にあった復古本を手にとって読み始めると味わい深く、いっきに引き込まれてしまった。
地方で教師を務め若くして亡くなった童話作家という共通点から宮沢賢治との比較で語られることも多いが、賢治が独特の宗教観・宇宙観で人を客体化して時にシニカルな筆致で語るのに対し、南吉はあくまでも人から視た主観的・情緒的な視線で自分の周囲の生活の中から拾い上げた素朴なエピソードを脚色したり膨らませた味わい深い作風で、「北の賢治、南の南吉」と呼ばれ好対照をなしている。
作品の多くは、故郷である半田市岩滑新田(やなべしんでん)を舞台としたものであり、特にこの「おぢいさんのランプ」では、「久助君」「森医院の徳一君」等、同じ学校の同じ学年を舞台としており当時の生活も偲ばれる。
折しも2013年は生誕100年。半田にいってみることにしよう。

2013−019(5月読了)

・書 名 ライカでグッドバイ カメラマン沢田教一が撃たれた日
・作 者 青木富貴子
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文庫本 269ページ 470円
・発行 1985年3月
[内容紹介]
ベトナム戦争の報道写真を撮り続け、ピュリッツァ賞に輝き、遂に戦場に消えた青年カメラマン沢田教一の情熱と野望の軌跡を国際取材で迫った傑作ノンフィクション。

[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
とにかく関係者に片っ端から取材して沢田カメラマンを浮き彫りにしていく様子は優れたドキュメンタリー番組を見ているようだった。昨年にいった青森県三沢基地付近の様子も出てきて興味はつきなかった。

2013−020(5月読了)

・書 名 リトル・トリー
・作 者 フォレスト・カーター  和田穹男/訳 藤川秀之/挿画
・出版社 めるくまーる
・読んだ本の装幀 単行本 354ページ 1,890円
・発行 1991年11月
[内容紹介]
五歳のとき両親を亡くした少年は、山に暮らすインディアンの祖父母に引き取られ、「リトル・トリー」と名づけられる。少年は、ガラガラヘビに襲われたり、密造酒づくりを手伝って白人に追いかけられたりしながらも、祖父母から、自然と共に生きるための知恵や「霊の心」の大切さを学んでいく。ところが、心ない白人たちのせいで彼は孤児院に送られることに……。少年の目を通して描かれる、優しさと痛みとユーモアにあふれたこの物語は、人間にとって「本当に大切なものは何か」を思い出させてくれる。 
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
日頃里山で自然の恵みをいただいている白鳥座にとって、ここに出てくる挿話はどれも心が洗われるようで、毎日1章ずつ読むのが楽しかった。でも衣魚の記を記入するにあたってネットで著者やこの本の評判を調べてみるととんでもない事実が判明。ステレオタイプだとは途中から感じ始めていたがここまでとは。でも心が洗われたことは事実なので★を一つ追加した。

2013−021(5月読了)

・書 名 上海にて
・作 者 堀田善衞
・出版社 筑摩書房
・読んだ本の装幀 単行本 222ページ 1,340円
・発行 1969年11月
[内容紹介]
1945年3月。東京大空襲の後、日本の敗色濃いにもかかわらず、上海に渡った青年がいた。堀田善衛、27歳。彼はこの国際都市で祖国の敗戦を経験する。国民党に徴用されて、その後1年ほどを上海で過ごした彼が見たものとは―。国民党の腐敗、勃興する共産党。迫り来る内戦、そして革命。本書は10年後に上海を再訪した著者が透徹した視座で上海と中国とを語る、紀行エッセイの歴史的名作である。 
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
上海は個々10数年間で10数回訪れた都市だが終戦後にこんなことがあったのかと興味津々。宿泊したホテルなんかが出てくるといっきに70年前に飛んでしまう高揚感があった。現代中国を理解する必読書。

2013−022(6月読了)

・書 名 水木しげるの娘に語るお父さんの戦記
・作 者 水木しげる
・出版社 河出文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 212ページ 340円
・発行 1982年8月
[内容紹介]
二十歳で南方へ出征。空爆で片腕を失い、マラリアに苦しみながらも、自然を畏れ敬い自由に生きる土の人たちとの交流を通じ、豊かな心を持ち続け生き抜いた著者が、次代の子どもたちに向けて書き綴ったありのままの「戦争」の記録。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
NHK朝の連続ドラマでもとり揚げられたが、その後特集でこの本の内容に沿った形でドキュメンタリーが放送された。あらためて読んでみると異常な状態に私たちがなっていったことが恐ろしい。政治や軍部のせいに出来ないことに気づかせられる。きな臭い昨今、皆さんに是非読んでもらいたいものだ。

2013−023(6月読了)

・書 名 隣りの女
・作 者 向田邦子
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文春文庫 222ページ 520円
・発行 2010年11月
[内容紹介]
「一生に一度でいい、恋っての、してみたかったの」―平凡な主婦が飛び込んだNYへの恋の道行を描いた表題作、嫁き遅れた女の心の揺れを浮かび上がらせた「幸福」「胡桃の部屋」、異母兄弟の交流を綴った「下駄」、絶筆となった「春が来た」の五篇を収録。温かい眼差しで人間の哀歓を紡いだ短篇集。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
残念ながら僕にはあわないようだ。温かい眼差しで人間の哀歓を紡いだというのであれば小川洋子大沼紀子らも読んだがこちらはダントツにおもしろい。この違いはなんだろう。阿修羅などテレビドラマではおもしろいのに。

2013−024(6月読了)

・書 名 神様のカルテ
・作 者 夏川草介
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 小学館文庫 260ページ 580円
・発行 2011年6月
[内容紹介]
栗原一止は信州にある「二四時間、三六五日対応」の病院で働く、悲しむことが苦手な二十九歳の内科医である。職場は常に医師不足、四十時間連続勤務だって珍しくない。ぐるぐるぐるぐる回る毎日に、母校の信濃大学医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが大学病院では診てもらえない、死を前にした患者のために働く医者でありたい…。悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
映画を見ていたが本の方がだんぜんおもしろい。本屋大賞2010年の第2位だったのも頷ける。(ちなみに1位は冲方丁の『天地明察』。未読。)一止を中心に登場人物が生き生きと描かれ、映画のシーンを思い出しながら書をおくあたわずだった。映画を見た後、片手に国語辞書をおいて是非読んで欲しい。優しくなれることうけあいです。

2013−025(6月読了)

・書 名 神様のカルテ2
・作 者 夏川草介
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 317ページ 1,470円
・発行 2010年10月
[内容紹介]
前作に続く本庄病院内科医栗原一止(いちと)は相変わらず夏目漱石が好きな変人内科医。今回は医大時代の親友進藤辰也が本庄病院にやってきた。昔と変わらないのはイチさんだけなのか、友情再確認の物語あり、90歳を超える老夫婦、『トメさんとマゴさん』の愛しい二人の物語あり、そしてそして内科医局には必要な古狐先生こと内藤鴨一夫婦の物語と盛り沢山の強くて優しくて美しい物語が展開されている。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
続編と言うことで期待していたが期待以上のおもしろさ。ハルさんとの夫婦愛というか友情というか、忘れていたものを思い出してくれたことが一番の収穫。是非お読みあれ。

2013−026(7月読了)

・書 名 夜の桃
・作 者 石田衣良
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 新潮文庫 377ページ 580円
・発行 2011年1月
[内容紹介]
これほどの快楽は、きっとどこか真っ暗な場所に通じている―。成功した仕事、洒落た生活、美しい妻と魅力的な愛人。全ては玩具にすぎなかった。安逸な日々を謳歌していた雅人が出会った少女のような女。いちずに自分を求めてくる彼女の、秘密の過去を知った時、雅人はすでに底知れぬ恋に陥っていた。禁断の関係ゆえに深まる性愛を究極まで描き切った、瑞々しくも濃密な恋愛小説。
[おすすめ度]
☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
白鳥座の好きな作家の一人である石田衣良の文庫本ということで読み始めたが、僕とは違う世界に生きる中年男のある夢を追いかけ破綻した物語に過ぎないと感じた。性愛描写のみ印象に残った。

2013−027(7月読了)

・書 名 日本アパッチ族
・作 者 小松左京
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 角川文庫 389ページ 260円
・発行 1971年9月
[内容紹介]
鉄を食べる人間が出現した!彼らはやがて大阪の街の一郭から、日本全国へとひろがっていった。彼らの名は「アパッチ」、そのムチャクチャなエネルギーで、日本国内の「鉄」を食べまくり、ついには、日本の政治や生産機構までも、ゆさぶるほどになった。日本は滅亡した。小説の未知の領域を開拓し、現代小説にも影響を与えつづける小松左京の傑作、処女長編。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
小松左京ワールドの出発点。かって大阪市に住んでいて小学校時代に環状線から見える工場跡がいまでも目に浮かぶ白鳥座にとってSFの原点。再読だがますますおもしろい。政治や経済をグローバルに見ることの大事さが伝わってくる。いまでこそみんなに読んで欲しいものだ。

2013−028(7月読了)

・書 名 僕の死に方 エンディングダイアリー500日
・作 者 金子哲雄
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 205ページ 1,365円
・発行 2012年11月
[内容紹介]
2012年10月、「肺カルチノイド」という急性の難病により、41才という若さで急逝した流通ジャーナリスト、金子哲雄さん。死期を悟った金子さんは、会葬礼状まで生前に用意して、自分の葬儀を自分でプロデュース、自らの死をも「流通ジャーナリスト」としての情報発信の場にしたのでした。まさに、みごとというほかないその最期・・・。しかし、彼が「余命0」宣告を受け入れて死の準備を整えるまでには、乗り越えなければならない悲しみ、苦しみ、そして何より、最愛の妻を残していくことへの葛藤がありました。死の1か月前から、最後の力を振り絞って書き上げた本書には、その一部始終が綴られています。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
いつかは訪れる死。白鳥座にとってもいつかはやり遂げなければならない。そんな気力を奮い立たせてくれる。

2013−029(8月読了)

・書 名 沖縄離島物語 西表島に住んで
・作 者 丸杉孝之助
・出版社 古今書院
・読んだ本の装幀 単行本 252ページ 2,575円
・発行 1994年5月
[内容紹介]
目次
 1 離島をみる視点
 2 自然と共生した生活―甘世(あまゆ)の古代
 3 試された“適応の資質”―苦世(にがゆ)の近世
 4 波間に消えた平安―安穏と辛苦の近代
 5 文明という名の試練―文明波及の現代
 6 沖縄離島のゆくえ―島びとの選択
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
著者は1974年から琉球大学農学部j教授・熱帯農学研究施設長などの立場で僕の大好きな島、西表島に研究のために長年逗留。そこでの生活を通じて島んちゅうの心を描き出している。八重山を巡る前に一読されることをお薦めしたい。

2013−030(8月読了)

・書 名 天気と気象についてわかっていることいないこと ようこそ、そらの研究室へ
・作 者 筆保弘徳/編著
・出版社 ベレ出版
・読んだ本の装幀 単行本 277ページ 1,785円
・発行 2013年4月
[内容紹介]
気象学のフロンティアから、何が見えるのか。そして、気象学はどこへ向かうのか。「天気予報が当たらない」と思っている人にこそ読んでもらいたい!竜巻を追いかける人、天気を知るために水の動きを調べる人、ゲリラ豪雨予測に挑む人…。天気予報が届くまでには、私たちの知らないドラマがあります。7つの話題をとおして、最先端の気象学に迫る。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
日頃気象に興味を持っているがその研究の最前線を、若手の研究者がてぎわよくまとめてくれている。ただ少し難しく、知的好奇心をかき立てるまでにはいかなかった。

2013−031(8月読了)

・書 名 定年ゴジラ
・作 者 重松清
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 文庫本 435ページ 730円
・発行 2001年2月
[内容紹介]
開発から30年、年老いたニュータウンで迎えた定年。途方に暮れる山崎さんに散歩仲間ができた。「ジャージーは禁物ですぞ。腰を痛めます。腹も出ます」先輩の町内会長、単身赴任で浦島太郎状態のノムさん、新天地に旅立つフーさん。自分の居場所を捜す四人組の日々の哀歓を温かく描く連作。「帰ってきた定年ゴジラ」収録の完成版。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
身につまされる話題が続出し、思わずにやりとしたり、合点でヒザをたたいたり、ほろりとさせられたり、まさに書をおくをあたわずだった。同年配の男性諸君、是非ご覧あれ。


2014−001(9月読了)

・書 名 ハルさん
・作 者 藤野恵美
・出版社 東京創元社
・読んだ本の装幀 文庫本 342ページ 778円
・発行 2013年3月
[内容紹介]
(瑠璃子さん……今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて……)ふうちゃんの結婚式の日、お父さんのハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。幼稚園児のふうちゃんが遭遇した卵焼き消失事件、小学生のふうちゃんが起こした意外な騒動……。心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった。児童文学の新鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
読みやすくてほんわかあったかい気持ちになるのですが,無理やりミステリー仕立てにしなくても良かったのでは?とちょっと疑問符です.しかし娘二人を嫁がせた小生にとってはもっと娘に向かい合っておけばよかったと反省しきり。結婚式の場面ではすこし涙が・・・

2014−002(9月読了)

・書 名 ボッコちゃん
・作 者 星新一
・出版社 新潮文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 289ページ 130円
・発行 1971年5月
[内容紹介]
スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
再読を重ねて何回目かの再読でしたがやはりおもしろい。「おーい でてこーい」なんか福島の事故を予想しているようで本当の意味で鳥肌がたちます。まだの方は是非読んでください。

2015−001(1月読了)

・書 名 獅子頭(シーズトォ)
・作 者 楊逸(ヤン イー)
・出版社 朝日新聞出版
・読んだ本の装幀 単行本 452ページ 2,052円
・発行 2011年10月
[内容紹介]
巨大な肉団子「獅子頭」が評判で、貧農の子・二順は日本の中華料理店へ。食、言葉、恋愛など中日文化差の狭間で、次々と困難な出来事に遭遇する、誰も読んだことがない成長小説。大連に残してきた妻子と日本人の恋人との間で揺れ動く、料理人・二順がたどる人生とは―。
[おすすめ度]
☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
中国人として初の芥川賞受賞作家による朝日新聞連載小説の単行本化と聞いて読み始めたが、内容が薄く、日記風の淡々とした記述で速読の勉強にはなった程度。

2015−002(1月読了)

・書 名 季節風 冬
・作 者 重松清
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文庫本 274ページ 555円
・発行 2010年11月
[内容紹介]
出産のために離れて暮らす母親のことを想う5歳の女の子の素敵なクリスマスを描いた『サンタ・エクスプレス』ほか、「ひとの“想い”を信じていなければ、小説は書けない気がする」という著者が、普通の人々の小さくて大きな世界を季節ごとに描き出す「季節風」シリーズの「冬」物語。寒い季節を暖かくしてくれる12篇を収録。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
重松ワールドははずれ無し。大人の絵本です。やさしくなれます。おすすめです。

2015−003(1月読了)

・書 名 里山資本主義
・作 者 藻谷浩介
・出版社 角川書店
・読んだ本の装幀 新書本 308ページ 843円
・発行 2013年7月
[内容紹介]
人々の創意工夫と「最先端の技術」が、田舎暮らしを革命的に変え、日本の田舎暮らしは「都会」と、そして「世界」ともすぐにつながる環境を手にしている。なにも便利な都会暮らしを捨て、田舎暮らしをしなさいというのではない。本書は地方在住者の実践的な手引きとして、また都市生活者にとっては「生活や価値観を見直し、自らの生活と、日本の未来を見つめる」ことが出来る1冊!
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
政府主導の地域創成の先を行く取り組みが紹介されている。人間の知恵の豊かさに改めて気づき、元気が出ます。

2015−004(2月読了)

・書 名 小さいおうち
・作 者 中島京子
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文春文庫 348ページ 626円
・発行 2012年12月
[内容紹介]
昭和初期、女中奉公にでた少女タキは赤い屋根のモダンな家と若く美しい奥様を心から慕う。だが平穏な日々にやがて密かに“恋愛事件”の気配が漂いだす一方、戦争の影もまた刻々と迫りきて―。晩年のタキが記憶を綴ったノートが意外な形で現代へと継がれてゆく最終章が深い余韻を残す傑作。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
戦後生まれの白鳥座にとって昭和初期から戦時中にかけての時代がなぜか興味があり、ついつい本を手にしてしまう。そんななかでも秀逸の物語だ。映画も出来たので映画を見た後また読み返そう。さてどちらがいいか。楽しみだ。

2015−005(2月読了)

・書 名 四畳半王国見聞録
・作 者 森見登美彦
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 新潮文庫 275ページ 529円
・発行 2013年7月
[内容紹介]
「ついに証明した!俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして、運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。水玉ブリーフの男、モザイク先輩、凹氏、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿呆ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる―。京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。
[おすすめ度]
☆☆
[白鳥座のひとりごと]
同じ大学で同じような境遇の学生時代を過ごした白鳥座にとってかって読んだ「太陽の塔」がおもしろかったので手に取ったが期待はずれ。本の中の世界は目の前に見るように思い出されるのだがストーリーについて行けない。もっと青春のキュンとしたことを描いてほしいものだ。

2015−006(2月読了)

・書 名 我が家の問題
・作 者 奥田英朗
・出版社 集英社
・読んだ本の装幀 単行本 278ページ 1,512円
・発行 2011年7月
[内容紹介]
どんな家庭にも問題はある。ふつうの6つの家庭を舞台にした短編集。完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫。両親が離婚するらしいと気づいてしまった娘。里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦。誰の家にもきっとある、ささやかだけれど悩ましい6つのドラマ。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
奥田英朗は、重松清とならんで家族愛や子どもの日常的な心理を描いていて好きな作家の一人。ただ最初に読んだ「サウスバウンド」には重松清にはない皮肉や底抜けの明るさが気に入っている。ただ「我が家の問題」はトゲもなくほんわかとした雰囲気で 筆者の目線が優しい。「家庭の問題は家族でかいけつしようよつらくてもね」そんなメッセージが感じられた。これもまたいいものだ。

2015−007(3月読了)

・書 名 愛を積むひと
・作 者 豊田美加
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 小学館文庫 204ページ 540円
・発行 2015年5月
[内容紹介]
北海道、美瑛。四季折々の彩り豊かな風景を見せてくれる美しい大自然のなかにたたずむ、赤い屋根のログハウス。第二の人生をこの素晴らしい景観のなかで過ごそうと、篤史と良子の夫婦は、長年住み慣れた東京から、この地にやってきた。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、持病だった心臓の病を悪化させ、帰らぬ人となってしまう。失意の底に沈む篤史だったが、そんなある日、良子からの手紙を受け取る。そこには、石塀をぜひ完成させてほしい、と綴られていた。それからも、良子からの手紙は、次々と篤史のもとに届き続けたが―。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
佐藤浩市主演映画のノベライズだが文章がこなれていなく、映画を字幕付きで見ているような雰囲気。やはり小説家というのは違うなと変に感心してしまった。で、内容だがこれも平凡。同様の内容で「四十九日のレシピ」があり映画しか見ていないがこのほうがじんときた。

2015−008(3月読了)

・書 名 ホテルローヤル
・作 者 桜木紫乃
・出版社 集英社
・読んだ本の装幀 単行本 192ページ 1,512円
・発行 2013年1月
[内容紹介]
直木賞受賞作。北国釧路のラブホテルを舞台に織りなすヒューマンストーリー。ラブホテルが設定とはいえ、ここに描かれているのは人間の“性”ではなく“生”である。人々のかかえるさまざまな現実を描く7編の連作短編が、微妙な連鎖を感じさせながら、丁寧に細やかに時の流れとともに物語が進んでいく。
[おすすめ度]
☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
短編なので読みやすいが、いまひとつ心に残らなかった。登場人物やその心理に疎い部分があるのだろう。

2015−009(3月読了)

・書 名 神様のカルテ 3
・作 者 夏川草介
・出版社 小学館
・読んだ本の装幀 単行本 382ページ 1,620円
・発行 2012年8月
[内容紹介]
前作にも劣らず優しく温かい物語が詰まった3巻目だが、小幡という女医さんが本庄病院にやってきて屋久杉くんが逞しくなって帰ってきて、男爵が個展を開くという。静かにだが少しずつ変わっていく一止の周りは大きな波となって一止を飲み込んでいく。そしてついに次郎の大学病院行きが決まり本庄病院も大きく変わる時が来た。そんなこんなで気づいた時には新しい道が一止の前に広がって歩き出していくのであった。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
シリーズ3作目。ますますはまりこんだ。これに関しては映画より本が上。是非読書の楽しみを知ってほしいものだ。

2015−010(10月読了)

・書 名 『大地の子』と私
・作 者 山崎豊子
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 単行本 222ページ 1,200円
・発行 1996年5月
[内容紹介]
情報閉鎖国家の中国で、作者がどのようにして『大地の子』を発想し、執筆する道を切り拓き、完結に至ったか、八年間の歩みを折々の文章でたどる。日中間で問題となった閣僚の靖国神社参拝をめぐる胡耀邦総書記との会見記は、昭和史にとどめておかねばならない文章。また外国人では唯一人の労働改造所の取材や戦争孤児への涙のインタビューなど。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
1995年11月からNHKで放送されたドラマは感動的でいまでもその場面が思い浮かんでくる。たまたま先日ドキュメンタリーで山崎豊子特集をやっており、終盤に私財をなげうって中国残留孤児の帰国後3世、4世の奨学金を提供していることを紹介があったことを知ったが、本書にも背景が詳しくかかれており興味深く読んだ。

2015−011(10月読了)

・書 名 自分の感受性くらい
・作 者 茨木のり子
・出版社 花神社
・読んだ本の装幀 単行本 90ページ 1,600円
・発行 1978年3月
[内容紹介]
「自分の感受性くらい/自分で守れ/ばかものよ」。あまりに峻烈な詩句です。しかし彼女の詩に耳を澄ますうち、ナイフのように鋭いその表現は、どこまでも誠実に生きようとするひとりの人間の、偽りなき心の声であり、人間存在への信頼に基づくほんとうのやさしさであることに思い至るのです。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
詩集はあまり読まないが、新聞の読書紹介欄で僕の好きなタレントが推薦していたので図書館で借りて読む。(上記の写真は新装版)表題作をはじめ鮮烈な印象を受けたが、くじけそうになったときに読み返したい本。最近岩波文庫で「谷川俊太郎/選 茨木のり子詩集」が出たので蔵書に加えたいと思っています。

2015−012(10月読了)

・書 名 満願
・作 者 米澤穂信
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 333ページ 1,728円
・発行 2014年3月
[内容紹介]
人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
どれをとっても怖いの一言。連城三紀彦の現代版。はずせない。

2016−001(2月読了)

・書 名 茨木のり子詩集
・作 者 茨木のり子  谷川俊太郎/選
・出版社 岩波文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 397ページ 700円
・発行 2014年3月
[内容紹介]
青春を戦争の渦中に過ごした若い女性の、くやしさと未来への夢。スパッと歯切れのいい言葉が断言的に出てくる、主張のある詩、論理の詩。素直な表現で、人を励まし奮い立たせてくれる、“現代詩の長女”茨木のり子のエッセンス。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
詩集はあまり読まないが、衣魚の記の2015年10月に紹介したようにお気に入りの詩人の一人になったので迷わず購入。2006年2月17日にくも膜下出血で亡くなって10年目の節目に読み始める。
「自分の感受性くらい」はもちろん掲載されているが他にも「りゅうりぇんれんの物語」や「幾千年」もおもしろかった。特に「木は旅が好き」はいかにも理科系の発想がほとばしっていて、何回も読み返した。

2016−002(3月読了)

・書 名 旅をする木
・作 者 星野道夫
・出版社 文春文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 241ページ 480円
・発行 1999年3月
[内容紹介]
広大な大地と海に囲まれ、正確に季節がめぐるアラスカ。1978年に初めて降り立った時から、その美しくも厳しい自然と動物たちの生き様を写真に撮る日々。その中で出会ったアラスカ先住民族の人々や開拓時代にやってきた白人たちの生と死が隣り合わせの生活を、静かでかつ味わい深い言葉で綴る33篇を収録。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
縁会って、大型クルーズ船で那覇・台湾基隆、高雄、花蓮を周遊する機会に恵まれ、海側バルコニー室で10日間
の船内生活をどう過ごすかを考えたときに思いついた本。衣魚の記のお気に入り項目にも登場するが、再読を機会にここにもアップ。偶然にも2月に読んだ茨木のり子詩集の内容と一致するところがあり、巡り合わせの妙を感じた。この文庫本に関してはNHKで「旅をする本」としてドキュメンタリー番組が再放送されていたが、なかなかおもしろかった。

2016−003(3月読了)

・書 名 アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす
・作 者 池澤夏樹
・出版社 光文社
・読んだ本の装幀 文庫本 252ページ 619円
・発行 2007年6月
[内容紹介]
沖縄島の太平洋側に位置する「アマバル」。大空でさえずる鳥、音もなく輝く遠雷、「見えない」新月、地域の草刈り、壁に群がる虫…。生活に密着した四季折折の生態に目を見張り、耳を傾け、調べあげることで、初めて本当の自然が見えてくる―。5年に及ぶアマバルでの暮らしを通じて、著者が綴った「観察日記」。夏休みの自由研究のような、楽しさ溢れるエッセイ集。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
「旅をする木」と同じくクルーズ中に読もうと思って持って行った文庫本。著者は現在もう沖縄には住んでいないが、彼もまた理科系人間で、おもいの一致するところは多い。衣魚の記の「お気に入り」には池澤夏樹のその他の本をたくさん乗せています。それぞれ面白さ一杯ですよ。

2016−004(3月読了)

・書 名 台湾韓国香港 逍遥游記
・作 者 藤原新也
・出版社 朝日新聞社
・読んだ本の装幀 文庫本 243ページ 650円
・発行 1987年11月
[内容紹介]
このアジア漢字文化圏における、牛の歩みのようなゆったりとした旅は、私の33歳のときのものである。多分その旅は、熱い青春期を終え、壮年期に移るはざまの、あの言いようもなく所属感の失われた時に、ひとを不意につつみこむ、やわらかい「繭の中の遊境」であったのかも知れない。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
「旅をする木」と同じくクルーズ中に読もうと思って持って行った文庫本。写真家でもある著者は若い頃から外国、特にアジアを放浪しながら日本人とか若者とか深い思索を重ねてきた。そのエッセーは時に毒舌、時にニヒル、そして時にがつんとさせられる。筆者が訪れた台湾基隆は30年前になるが、その描写には妙に納得させられた。

2016−005(6月読了)

・書 名 大和路・信濃路
・作 者 堀辰雄
・出版社 新潮文庫
・読んだ本の装幀 文庫本 209ページ 464円
・発行 2004年9月
[内容紹介]
「大和路」は1941年の秋に、奈良ホテルに滞在した堀辰雄が、唐招提寺や法隆寺、東大寺などを見学する様子が綴った随筆。信濃路なども併せて掲載されている。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
1941年秋というと太平洋戦争が勃発する2ヶ月前のことであり、こんなエッセーが描けるなんてその段差に驚かされる。実家が奈良にあり、奈良ホテルは親戚が集まったときに会食場所としてよく利用しているが、75年前からあまり変わっていないと思われ、妙に親しみを感じている。

2016−006(6月読了)

・書 名 百寺巡礼 第1巻
・作 者 五木寛之
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 文庫本 277ページ 607円
・発行 2008年9月
[内容紹介]古寺、名刹のある場所には、不思議なエネルギーがある。それを体で感じ、新しい命を悠久の歴史に思う。第一巻は古の都、奈良。小雪の舞う室生寺、聖徳太子の強く深い想いが込められた法隆寺、優しさをいまに伝える中宮寺の半跏思惟像、「苔の海」が輝く秋篠寺―。著者の「百寺巡礼」の旅が始まる。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
秋篠寺と法隆寺へ行く機会があり、その参考として読むが、他にも奈良のお寺が紹介されており
、地元を見直すいいきっかけになる。昔はあまり感じなかったけれど歳をとったのかな?

2016−007(8月読了)

・書 名 ベルリン飛行指令
・作 者 佐々木譲
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 338ページ 1,700円
・発行 1988年10月
[内容紹介]
ドイツが入手した日本の最新鋭戦闘機のデータは、まさに驚愕に価した。ほどなく二人の札つきパイロットに極秘指令が下る。ゼロ戦を駆ってベルリンへ飛べ―日米関係が風雲急を告げる昭和十五年、英国情報網をかいくぐって銀翼が乱気流を切り進む…。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
佐々木譲の戦争3部作の1作目。夏になると戦争物を読みたくなるが今年は3部作を一気読み。はらはらドキドキ。歴史の勉強にもなるお得な小説。

2016−008(8月読了)

・書 名 エトロフ発緊急電
・作 者 佐々木譲
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 文庫本 630ページ 907円
・発行 1994年1月
[内容紹介]
1941年12月8日、日本海軍機動部隊は真珠湾を奇襲。この攻撃の情報をルーズベルトは事前に入手していたか!?海軍機動部隊が極秘裡に集結する択捉島に潜入したアメリカ合衆国の日系人スパイ、ケニー・サイトウ。義勇兵として戦ったスペイン戦争で革命に幻滅し、殺し屋となっていた彼が、激烈な諜報戦が繰り広げられる北海の小島に見たものは何だったのか。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
佐々木譲の戦争3部作の2作目。1作目に比べて登場人物に厚みが出てきて俄然おもしろくなる。山本賞受賞も頷ける。

2016−009、010(8月読了)



・書 名 ストックホルムの密使 上、下
・作 者 佐々木譲
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 文庫本 上 483ページ 767円
                  下 437ページ 680円
・発行 1997年12月
[内容紹介]
イタリアは降伏、ベルリンも陥落した第二次大戦末期、孤立無援の日本では、米軍による本土空襲が激化し、戦局は絶望への道を辿る一方だった。日本政府はソ連仲介の終戦工作を模索するが、スウェーデンに駐在する海軍武官・大和田市郎は、瀕死の日本にとどめを刺す連合国側の極秘情報を入手した。日本が滅亡する前に、その情報を軍上層部に伝えるべく、いま二人の密使が放たれた…。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
佐々木譲の戦争3部作の3作目。終戦時の政治工作が詳細に描かれ、ストーリーよりも楽しめた。

2016−011(8月読了)

・書 名 柔らかな海峡 日本・韓国和解への道
・作 者 金惠京(キムヘギョン)
・出版社 集英社インターナショナル
・読んだ本の装幀 単行本 205ページ 1,500円
・発行 12015年11月
[内容紹介]
テレビ、ラジオで活躍する気鋭の論客が、「困難を極める日韓関係」と「テロの時代の世界」を、柔らかで明確な視線で読み解く。「不寛容な時代」を生きる私たちの必読書。
[目次]

第1章 対立を超えて(「いつもの光景」を超えて―竹島(独島)を相互理解の契機に
希望を忘れた関係に未来はない―韓国人サポーターの横断幕に思う
潘基文・国連事務総長の発言は誤りか? ほか)
第2章 世界はどこを目指す(熱烈な愛国心と恒常的な恐怖―失われたアメリカの自由
アルジェリア人質テロで見過ごされた三つの問い
シリアの査察受け入れは薔薇色のゴールではない ほか)
第3章 後退に抗する(誰が法と制度を運用するのか?―在留カードの穴から見えた現実
日韓の選挙が明らかにした両国の姿
法の成り立ちから集団的自衛権を考える ほか)
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
ある人のブログで紹介されていたので図書館で借りて読み始めたが、日頃の国際関係改善に関心がある白鳥座にとって指針となることがわかりやすくかかれており、手元に置いておく本として購入を決める。韓国、中国、そして日本のお互いの国の好感度が著しく低い現状の打開のために是非読んでほしい。

2016−012(8月読了)

・書 名 口笛吹いて
・作 者 重松清
・出版社 文藝春秋
・読んだ本の装幀 文庫本 357ページ 680円
・発行 2004年3月
[内容紹介]
偶然再会した少年の頃のヒーローは、その後、負けつづけの人生を歩んでいた。もう一度、口笛の吹き方を教えてくれたあの頃のように胸を張って笑って欲しい―。家庭に職場に重荷を抱え、もう若くない日々を必死に生きる人々を描く五篇を収録。さり気ない日常の中に人生の苦さをにじませる著者会心の作品集。
[おすすめ度]
☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
重松清は安心して楽しめる短編を数多く書いていて飽きない。この本の中では「春になれば」が秀逸。元気が出てきます。

2016−013(8月読了)

・書 名 流
・作 者 東山彰良
・出版社 講談社
・読んだ本の装幀 単行本 403ページ 1,600円
・発行 2015年5月
[内容紹介]
1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。2015年 第153回 直木賞受賞。
[おすすめ度]
☆☆☆☆★
[白鳥座のひとりごと]
台湾、中国、そして日本となると読まずにはいられない。期待どおりの読み応えだった。近代史のおさらいにも最適。

2016−014(9月読了)

・書 名 満州国演義1「風の払暁」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 383ページ 1,800円
・発行 2007年4月
[内容紹介]
麻布の名家に生まれながら、それぞれに異なる生き方を選んだ敷島四兄弟。奉天日本領事館の参事館を務める長男・太郎、日本を捨てて満蒙の地で馬賊の長となった次郎、奉天独立守備隊員として愛国心ゆえに関東軍の策謀に関わってゆく三郎、学生という立場に甘んじながら無政府主義に傾倒していく四郎…ふくれあがった欲望は四兄弟のみならず日本を、そして世界を巻き込んでゆく。未曾有のスケールで描かれる、満州クロニクル第一巻。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
冒険小説の第一人者である船戸与一は昔からよく読んでいたが、絶筆となった本書はその最高傑作である。いままで外国が多く、いわゆる土地勘がなかったが、これは僕の好きな中国東北部を舞台にしており、列車で旅した地名がたびたび出てきて
懐かしかった。小説に登場する人物があたかもそこにいたような臨場感はまさに「書をおくあたわず」であり、満州事変勃発85年後の9月18日を前にして読み始める。

2016−015(9月読了)

・書 名 満州国演義2「事変の夜」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 414ページ 1,800円
・発行 2007年4月
[内容紹介]
昭和六年九月十八日、満州事変勃発。満蒙領有方針に共鳴する敷島三郎憲兵中尉と、外交官としての本分を守ろうとする敷島太郎参事官が対立する。阿片中毒を癒しつつ四郎は中国人街に身を沈めており、次郎は特務機関に協力することとなった。朝鮮人の一斉蜂起。帝都で燻るクーデター計画。そして、上海では海軍陸戦隊と十九路軍が激突する。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
時代は満州事変に突入。4人の兄弟の役割がはっきりしてきて小説としても楽しめる。

2016−016(9月読了)

・書 名 満州国演義3「群狼の舞」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 417ページ 1,900円
・発行 2007年12月
[内容紹介]
国際世論を押し切り、新京を国都とする満州国が建国された。関東軍に反目しながらも国家建設にのめりこんでゆく外務官僚の太郎、腹心の部下だった少年と敵対することとなった馬賊の次郎、「憲兵隊の花形」と称されながら殺した人間たちの亡霊に悩まされ続ける三郎、さらなる罪を背負って満州の荒野を流浪する四郎…ついに敷島四兄弟は満州の地に集うが、満州をめぐる人々の欲望はますます膨れ上がり、少しずつ常軌を逸していく。四つの視点で描かれる前代未聞の満州全史、「熱河侵攻」を描く第三巻。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
このあたりから冒険小説全開になっていく。
船戸与一の面目躍如。

2016−017(9月読了)

・書 名 満州国演義4「炎の回廊」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 460ページ 2,000円
・発行 2008年6月
[内容紹介]
溥儀を皇帝に祭り上げ、帝政へ移行した満州国。だが楽土の風はそよとも吹きはしない。抗日連軍に参じた中国人や金日成を奉ずる朝鮮人がゲリラ戦を仕掛ける。蒙古、ロシア、ユダヤ、インド、民族の野心が地に蟠る。歴史の最前線で、敷島四兄弟はそれぞれの闇に抗いながら日々を重ねてゆく。遙かなる帝都を震撼させた二・二六事件。その報に揺れる大陸の日本人たちを描く、第四巻。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
当時の蒙古、ロシア、ユダヤ、インド、大陸民族の考えがよくわかって歴史小説としても楽しめる。

2016−018(9月読了)

・書 名 満州国演義5「灰塵の暦」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 469ページ 2,000円
・発行 2009年1月
[内容紹介]
満州国国務院へ出向した敷島太郎。抗日ゲリラの殲滅を続ける次郎。三郎は関東軍が細菌戦を準備していることを知り、四郎は謎めく麗人に心を乱される。岸信介ら新官僚の到来と大移民計画に沸く満州。その南、中国では軍人たちが功を急ぎ、兵を突き進ませてゆく。昭和十二年、日中は全面対決へ。戦火は上海から南京へ燃え広がる。敷島兄弟が目撃したこの世の地獄とは。戦慄の第五巻。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
関東軍と日系完了が満州でどんなことをしてきたか、小説とはいえ赤裸々に当時の状態を描ききっている。

2016−019(9月読了)

・書 名 満州国演義6「大地の牙」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 425ページ 2,000円
・発行 2011年4月
[内容紹介]
「帝国政府は爾後国民政府を対手とせず」。日本は中国との交渉の道を自ら鎖した。徐州、武漢での作戦を成功させたものの、「事変」は泥沼化の一途を辿る―。敷島太郎は愛人の身体に溺れ、次郎は柳絮のごとく彷徨い続ける。三郎は復讐に身を焦がし、四郎は陰謀の犠牲者を茫然と見つめた。そして、満蒙国家ノモンハンで旧ソ両軍が激突する。大陸に凱歌と悲鳴が轟く。混沌の第六巻。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
ノモンハン近くのハイラルや更にロシア国境に近い満州里というところまでいったことがあり、こんなところまで日本人が進出していたのかと驚いたことがある。
広い中国大陸を舞台にしているが小説に出てくる要所要所にいったことがあり、一気に読める。

2016−020(9月読了)

・書 名 満州国演義7「雷の波濤」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 477ページ 2,000円
・発行 2012年6月
[内容紹介]
昭和十五年、ドイツは電撃戦により、フランスを征服。帝国陸軍はすかさず北部仏印に進駐した。敷島次郎は独立を志すインド女性の戦闘訓練を請け負い、四郎は満映作品の取材中に人工国家の綻びを目撃する。太郎は心ならずもある謀殺に加担し、三郎は憲兵としてマレー進攻作戦に同行することに。太平洋戦争開戦、南進の成功に沸きたつ日本人と次第に増幅してゆく狂気を描く、第七巻。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
インドの状況に関しては
佐々木譲の「ベルリン飛行指令」を今年の8月に読んでいたので理解しやすかったが、太平洋戦争とか日中戦争にはまだまだ僕たちが知るべき歴史があるように思える。2度と戦争を起こさないために。 

2016−021(9月読了)

・書 名 満州国演義8「南冥の雫」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 427ページ 2,000円
・発行 2013年12月
[内容紹介]
本土初空襲とミッドウェー大敗。それは帝国の翳り。大本営は事実を隠蔽し、司令官たちは精神論を振り回すだけ…このまま皇国は破滅してしまうのか。
四郎は比島で抗日ゲリラの憤怒を体感した。少佐となった三郎は変転する戦を見つめ、太郎は自らの罪過が招いた惨劇に震えた。そして敷島次郎は劣弱な囚人部隊を率い、インパール作戦に加わる運命にあった。若き日駆け抜けた満州、彼の地より遠く離れた緑の地獄で男は何を想うのか。食い破られてゆく絶対国防圏。白骨連なる第八巻。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
時代は日米開戦2年目に入り、4兄弟はそれぞれの人生を刻んでいく様子にはらはら。そして最初に次郎が運命の時を迎える。

2016−022(9月読了)

・書 名 満州国演義9「残夢の骸」
・作 者 船戸与一
・出版社 新潮社
・読んだ本の装幀 単行本 472ページ 2,100円
・発行 2015年2月
[内容紹介]
敷島兄弟は通化の地に集う。苦い再会だった―。満州国はわずか十三年で理想の欠片さえ失い、重い鉄鎖と化した。昭和二十年八月九日、ソ連軍が遂に侵攻を開始する。轟音とともに崩壊してゆく「王道楽土」。男たちは吹きすさぶ風の中で自らの運命と対峙する。日本そして満州、二つの帝国が破れ、残ったものとは何か。船戸与一が最期の炎を燃やし描き切った大叙事詩、ここに完結。
[おすすめ度]
☆☆☆☆☆
[白鳥座のひとりごと]
船戸与一はこの本が出版された2ヶ月後の2015年4月22日に胸腺ガンで死去。71歳だった。船戸与一は後書きで「小説は歴史の奴隷ではないが、歴史もまた小説の玩具ではない」と述べている。同様の立ち位置でこの時代を描いた作品に五味川純平の「戦争と人間」があるが、それに比べ一気に読ませる力量ははるかに勝る。
9巻全巻を読み終えたときの虚脱感はいまでも思い出す。もっともっと書いてほしかった作家の一人だ。合掌。